Category Archives: メッセージノート

聞く準備をする

メッセージノート

‭‭箴言 知恵の泉‬ ‭3:6‬ ‭JCB‬‬
6 何をするにも、主を第一にしなさい。 主がどうすればよいか教えてくださり、 それを成功させてくださいます。

ルカ 8:5-8(ALIVE訳)
5「あるところの農夫が作物の種をまくために出かけた時の話だ。ある種は道端に落ちてしまい、人々に踏まれ、最後には鳥たちがひょいとやって来て、落ちていた種をあっという間に食べ尽くしてしまった!
6 別の種は土が足りない岩だらけの地へ落ちてしまった。土が浅いとすぐに芽を出すことができるが、根を深く張ることができない芽は、日が照りつけると、水がないので、すぐに枯れてしまう。
7 ある種はいばらが生い茂る草むらに落ちてしまった。しばらくすると、周りのいばらが成長し、せっかく育ち始めた良い芽の成長を邪魔したため、結局、実を結ぶことができなかった。
8 その他の種は良い地に落ちた。これらの種はグングン成長し、100倍の実を結んだ。
耳がついてるならよく聞け!」

1.「試される」心

ルカ 8:12(ALIVE訳)
12 たまに道端に落ちる種があるが、これは神の教えを聞いても、すぐに悪魔が邪魔しに来て、その教えを忘れさせる。そのため、彼らは信じることができず、救われることもない・・・

1コリント 10:13(ALIVE訳)
13 あなたがたが経験する誘惑は別に新しくもなんともない。 誰もがとおってきた誘惑ばかりである。次のことに置いて、神に一切の信頼をおいて良い。すなわち神はほどの誘惑に合わせることはしない。どんな誘惑であっても誘惑されても、必要な抜け道を用意してくれるのである。

2.「散らされる」心

ルカ 8:13(ALIVE訳)
ある人は、岩だらけの地へ落ちてしまった種のように、神の教えを聞いて、すぐに、しかも喜んで受け入れはするが、彼らの人生に深く根付くこともなく、長続きはしない。受け入れた教えが理由で、自分の身に問題や迫害が起こると、簡単にしっぽを巻いて逃げていく。

ルカ 10:39-40(ALIVE訳)
39 マルタにはマリヤという妹がいた。マリヤはイエスのそばに座り込んで、イエスの教えに聞き入っている。
40 一方、姉・マルタは——(どうおもてなししようかしら・・・あれ、それともこれ、いやいや、あれとこれ・・・あ゙〰〰)接待に気をつかって、てんてこ舞の忙し「も゙〰!」遂にマルタは声をあげた。「先生ッ!妹が私に接待を任せっきりなのになんとも思わないんですかッ!!手伝うように言って下さい!!!」

3.「未熟」な心

ルカ 8:14(ALIVE訳)
14 いばらの中に落ちた種はどうだ? 彼らは、たとえ神の教えを聞いても、他のことで頭がいっぱいになってしまう。将来への不安や金銭欲、また、その他に対する欲求不満。これらによって成長は遅れ、人生においてよい成果をだせなくなる。神の言葉が彼らの人生を通して実を結ぶことはない。

へブル 6:1(ALIVE訳)
だから、救世主の初歩の教えをいつまでも卒業できずに、堂々巡りをするのはやめるんだ。むしろ、もっと理解力を高め・・・

4.「準備ができてる」心

ルカ 8:15(ALIVE訳)
15 良い地に落ちた種はどうなるかな?それは、神の教えを純粋に聞き、しっかり飲み込む。その人は、神の言葉に従い、流されず、良い実を結んでいく!」

どうしたら神様の声をはっきり聞くのに自分の心を準備できるか?

1.心をクリーンに保つ

許して、許して、許す

2.邪魔なものを取り去る

イエスとの「スクリーンタイム」はどうなってる?

3.成長に励む

良い面で成長する

あなたの次のステップ

メッセージノート

エペソ 4:11-15(ALIVE訳)
11 そして、この救世主がこれらの能力を贈ってくれたのだ。ある人は救世主の代弁者としての使命をもった使徒、ある人は神に与えられたことばを伝える預言者、ある人は最高な知らせを広める伝道者、ある人は教会の人たちを世話する羊飼い、ある人は教会の人たちを指導する教師。
12 なぜこのように、最善を尽くせる能力がそれぞれに与えられたのだろうか。それは、神の民となった人たちが、神のためにより良く働けるよう整え、救世主の体である教会を、完成した状態へと建て上げるためである。
13 そしてついに、私たちはみな、救世主である神の一人子について、同じ確信を持つに至り、完璧な救世主のように成熟した者を目指して生きるのだ。
14 そこで、もはや、だれかから曲がったことを教えられたり、うそを真実のように、たくみに見せかけられたりしても、そのたびに、波風に揺らぐ船のようにふらふらと、信じるものを変えてはいけない。
15 むしろ、誠実に語り、誠実にふるまい、誠実に生きて、常に真理に従うのを喜び、あらゆる点で、救世主のように、すなわち、教会の頭である方にますます似た者となるのだ。

へブル 6:1-2(ALIVE訳)
1 だから、救世主の初歩の教えをいつまでも卒業できずに、堂々巡りをするのはやめるんだ。むしろ、もっと理解力を高め、さらにすぐれた教えを目指して進もうじゃないか。善い行いによって救われようとする過ちや、神を信じる必要性などを、これ以上聞くには及ばない。
2 洗礼、神の霊を受けること、死人の復活、永遠の裁きについても、これ以上新たなことを教わる必要はない。

次のステップはイエスに向かって行く

‭‭箴言 知恵の泉‬ ‭15:24‬ ‭JCB‬‬
24 神を恐れる人の道は天国へ上る道。 地獄からはどんどん遠ざかります。

次のステップを取るのにある3つの壁

自分たちの過去

‭‭箴言 知恵の泉‬ ‭15:24‬ ‭JCB‬‬
24 神を恐れる人の道は天国へ上る道。 地獄からはどんどん遠ざかります。
2コリント 5:17(ALIVE訳)
17 だれでも、イエスの信者になると、神によってその世界が新しくされる。今までの世界観はなくなり、新しいものを得る。

自分たちの古い考え方

ルカ 5:37-39(ALIVE訳)
37 また、新しいワインを古い革袋に入れる人なんていない。んな事したら、発酵時に発生する圧力に負けて袋が破裂してしまう。ワインがこぼれて、革袋が台無しだ。
38 新しいワインは新しい革袋に入れるのがお決まりだ。
39 かといって、ビンテージワインで慣らした口は、新しいワインを口にしない。彼らは、“古いままで結構”と言う」

自分たちの疑い

ルカ 5:37-39(ALIVE訳)
37 また、新しいワインを古い革袋に入れる人なんていない。んな事したら、発酵時に発生する圧力に負けて袋が破裂してしまう。ワインがこぼれて、革袋が台無しだ。
38 新しいワインは新しい革袋に入れるのがお決まりだ。
39 かといって、ビンテージワインで慣らした口は、新しいワインを口にしない。彼らは、“古いままで結構”と言う」
‭‭エレミヤ書‬ ‭1:5-7‬ ‭JCB‬‬
5「わたしは、母の胎内に宿る前から おまえを知っていた。 生まれる前から、 わたしの聖なる者として取っておき、 国々にわたしのことばを伝える者に任命していた。」
6「神よ、とんでもないことです。 私にできるはずがありません。 若すぎて、何を語ればよいのかわかりません。
7「そんなことを言ってはならない。 わたしが送り出す所どこへでも行き、 命じることはすべて語るのだ。」

あなたの次のステップは?

近くのチャーチに根付く

日曜日に参加

公で信仰を宣言する

洗礼

神様を第一におく

十分の一献金

鋭くする

コネクトグループ

自分のギフトを見つける

グローコース

違いを生み出す

ドリームチーム

失われた人に手を差し伸べる

アウトリーチと人を誘う

ほかの人の成長を助ける

リーダーシップ

大漁

メッセージノート

詩篇‬ ‭77:14‬ ‭JCB
14 ‬‬あなたは奇跡を行う神で、 今でも恐るべき力を発揮なさいます。

ルカ 5:5-11(ALIVE訳)
5「先生・・・漁師である俺たちが夜通し働いて小魚一匹獲れなかったんでっせ。でもあんたが言うんなら・・・」
6 そらよっと・・・ピシャッ網は勢いよく広がって沈んでゆく。シモンは慣れた手つきで網を巻き上げる・・・「!」「んぐっ・・・!ふんぐぅっ!!・・・ぬ”ぅぅぅ!!!」網がはち切れんばかりの大漁だ!!!
7「お、おい!手を貸してくれ!」そう漁師仲間たちを呼ぶと彼らは急いで応援に来た。——小舟に分けて水揚げしたが、どちらも獲物の重さで沈みそうだ・・・!
8 シモン・ペテロはあわててイエスの前にひざまずいた。「これ以上俺に近づいちゃあいけねぇッ!!!おりゃあダメなやつなんです・・・」
9 シモン・ペテロを始め、漁師たちは、度肝を抜かれたのだ。こんなにおびたただしい数の魚が一度に獲れたのは生まれて始めてだ。
10 シモンの仕事仲間であるゼベダイの息子・ヤコブとヨハネも開いた口がふさがらない。「はは、恐れるなッ!魚はこれで終いだ。これからおまえは、人を引き揚げる男になるッ!!!」「!」
11 彼らは小舟を岸に泊めると、何もかも置いてイエスの後を追った。

収穫を逃さないで

イエスを日曜日に限る

– 自分たちの日々の生活も奇跡の一部になる(3節)

イエスに合理的に見せようとする

-「もしあなたがそう言うのなら」の信仰を持とう

1人で人生を送る

-奇跡の一部になる友達というのは素晴らしい祝福であり、生涯の友達であることを意味する

ペテロの大漁

Provision follows vision

マタイ 7:11(ALIVE訳)
11 自己中なあなたたちだって、子どもには良いものをあげるだろうよ!ならなおさら、天の父が、求める者に良いものを与えないなんてことがあるか!!!」

恵みに生きる

ローマ 8:1-2(ALIVE訳)
1 だから、今やイエス・救世主に属する人は、死刑宣告から免れているのだ。
2 なぜなら、イエス・救世主は生命を与える神の霊の力で、過ちと死の力から私を解放してくれたからだ。

過去を置いていく

2コリント 5:17(ALIVE訳)
17 だれでも、イエスの信者になると、神によってその世界が新しくされる。今までの世界観はなくなり、新しいものを得る。

水からワインに

メッセージノート

‭‭詩篇‬ ‭77:14‬ ‭JCB
あなたは奇跡を行う神で、 今でも恐るべき力を発揮なさいます。

ヨハネ 2:1-10(ALIVE訳)
1 3日後——ガリラヤ地方カナ町で催された結婚式に、イエスの母の姿が。
2 イエスとその仲間も共に招かれていた。
3「あれま!」式真っ只中にワインが切れたことを知ったマリヤは息子イエスにその事態を伝えに行った。「ワインがもう切れちゃったけど・・・」
4「母さん、俺に言ってどうするんだ?今はまだその時じゃあない」
5 母は召使いたちを見ると——「彼の言う通りにするのよ」
6 そこには、ユダヤ人が<清めの儀式>に使う、大きな水瓶が6つほど置いてあった——【ユダヤ人は、食事の前や神殿での礼拝前、その他、特別なイベントの前には必ず手などを洗う、清めの儀式を行っていた】水瓶はそれぞれ、80L~120Lほど水やワインを入れることができるもの。
7——「水瓶を、水でいっぱいにするんだ」「はい」イエスの申し付けどおり召使いたちは、水瓶を水でいっぱいにした。
8「そこから水を汲んで、幹事のもとへ持って行くんだ」「はい」イエスの申し付けどおり召使いたちは幹事に持って行った。
9 幹事はその水を味見した。(どれどれ・・・・・・ん?!なぬ!!)なんと!水がワインに変わっているではないか!もちろん、幹事はそのワインがどこから来たのか、知る由もなかったが、召使いたちは、事の始終を知っていた。幹事はすぐさま花婿を呼び寄せた。
10「いやー参った!たいがいの人は、良いワインを最初に出しておいて、客が酔って味が分からなくなった頃に、安いワインを出すもんだが、まさか最上級のワインを最後までとっておいたとは!!!」

何もない状態で走る

イエスを自分たちの予定に合わせようとしてしまう

自分たちの考えとか行動が「宗教的」になってしまう

ネガティブなことを大げさにしてしまう

新しいワインに向け準備する

何もないと感じたら – イエスに頼る

イザヤ書‬ ‭55:1‬ ‭JCB‬‬
「渇いている人がいるなら、金を持っていなくても、 自由に飲みに来なさい。 最上のぶどう酒とミルクと穀物を 無料で持って行きなさい。
‭‭
ヨハネ 7:37(ALIVE訳)
37 仮庵祭で最も大切な最終日——イエスは立ち上がり、祭りにぎわっている民衆に大声で大胆に語りかけた——「だれでも、のどが渇いているなら、私のところへ来て飲みなさい!!!

イエスがやってと言ったことをやる

ヨハネ 14:15(ALIVE訳)
15「俺を愛するなら、俺の意志を継ぐ。

‭‭イザヤ書‬ ‭55:8-9‬ ‭新共同訳‬‬
8「わたしの思いは、あなたたちの思いと異なり/わたしの道はあなたたちの道と異なると/主は言われる。
9 天が地を高く超えているように/わたしの道は、あなたたちの道を/わたしの思いは/あなたたちの思いを、高く超えている。」

ベストを期待する – たとえ最後であっても

ヤコブ 1:17(ALIVE訳)
17 すべて良いもの、完全なものは、空に輝くすべての光を創った神から贈られる。
神は光輝くが、その光に照らされてゆれる影のように、変化することはない。

2コリント 1:20(ALIVE訳)
20 神のあらゆる約束に“はい”と言い、ことごとく実行するのは、この救世主だ。だからこそ、救世主の名によって神の栄光に“アーメン”と言っているのだ。

安心・平安で溢れ出る

メッセージノート

(ヨハネ 7:37-39 JCB)
祭りの最後の一番大切な日に、イエスは大声で群衆に語りかけました。「だれでも、渇いているなら、わたしのところへ来て飲みなさい。(38)わたしを信じれば、心の奥底からいのちの水の川が流れ出ると、聖書に語られているとおりです。」(39)〔イエスは聖霊のことを言われたのです。聖霊は、イエスを信じる人すべてに与えられることになっていましたが、この時はまだ与えられていませんでした。イエスが天にある栄光の座に戻っておられなかったからです。〕

(ヨハネ 14:27 ALIVE訳)
おまえたちには、俺にしかない“安心”を授けよう。俺が与える安心は、世が与える“はかない安心”とは比べものにならない。だから、焦るな。恐れるな。

(ルカ 8:48 JCB)
イエスは女に、「あなたの信仰があなたを治したのです。さあ、安心してお帰りなさい」と言われました。

この安心を持ち語る

(マタイ 10:12-13 新改訳)
その家にはいるときには、平安を祈るあいさつをしなさい。(13)その家がそれにふさわしい家なら、その平安はきっとその家に来るし、もし、ふさわしい家でないなら、その平安はあなたがたのところに返って来ます。

1.「安心・平安がなくなった」というのは?

(コロサイ 3:15 JCB)
キリストにある平和が、いつもあなたがたの心と生活を満たすようにしなさい。そうすることが、キリストの体の一部とされたあなたがたの責任であり、特権でもあるからです。また、いつも感謝していなさい。

(ピリピ 4:7 ALIVE訳)
そうすれば、神が安心と自信を注ぎ、精神的に安定させてくれる。それは、人の考え方では実現不可能なレベルの自信と安心だ。

2.「神様からの平安を感じない」ときは?

(申命記 31:6 JCB)
心を強くもち、勇敢に戦いなさい。恐れてはいけません。おじけづいてはいけません。主が味方なのです。主は絶対に、あなたを裏切ったり見捨てたりなさいません。」

(ヘブル 13:5b ALIVE訳)
神は、こう約束しているからだ。「何があっても“わたしは”あなたの期待を裏切らず、見捨てはしない」

(申命記 31:6)
主は絶対に、あなたを裏切ったり見捨てたりなさいません。

奇跡的な信仰

メッセージノート

詩篇‬ ‭77:14‬ ‭JCB‬‬
14 あなたは奇跡を行う神で、 今でも恐るべき力を発揮なさいます。

マルコ 9:17-24(ALIVE訳)
17 イエスが聞くと、ある男が進み出てきた。「先生!息子が悪魔に侵され、話すことができないんです・・・イエス先生ならと思い、見てもらいに来たんです!!
18 憎い悪魔は、息子が口から泡を吹くほどにドンッと地面に投げ倒し、歯ぎしりをして硬直させやがるんです・・・ぐすッ・・・先生がいないって言うんで、先生のお弟子さんに悪魔を追い払うよう、お願いしたんですが、無理だったようで・・・先生、どうかっ!!!」
19「信じない時代だなー!いつまで俺が一緒じゃなきゃいけない。いつまで待てばいんだ・・・その子をここに」
20 数人がかりで取り憑かれた少年を連れてきた。ところが悪魔は、イエスを見るなり少年をさらに苦しめ始める——ぐわぁぁぁ〰〰っ・・・ブクブクブク・・・・・・少年は地面に倒れて転げ回り、口から泡を吹いた。
21 それを見たイエスは哀れんだ表情を浮かべた。「いつからですか?」「もぉ幼いときからです・・・
22 この悪魔が息子を殺そうと、炎や湖の中に身を投げ込むもんで、息子は何度死にかけたか。お、お願いします!もし救えるなら、うちの子を救ってくださいッ!!」
23「なぜもしと言う?・・・信じる者に不可能はない!」
24「し、信じますとも!どうか、不届き者である私がもっと信じられるように、助けてください!!!」

信仰を失わせるもの

-信じない文化

-過去の失望

-自分たちの言葉

奇跡的な信仰は

見えないときに信じる

へブル 11:1(ALIVE訳)
信仰とは、願い事が必ずかなえられるという、不動の確信のことだ。
また、どうやって起こるかわからない行く手にも、望みどおりのことが必ず待ち受けていると信じて、疑わないことである。

信仰「名声の穴」

-アベル

-ノア

-アブラハム

-サラ

-ヨセフ

-モーセ

-ギデオン

-サムソン

-ダビデ

-ダニエル

絶え間なく祈る

コロサイ 4:2(ALIVE訳)
絶えず感謝の心を持って祈り、どんなことにも臨機応変に対応できるようにしていなさい。

自分がどう感じるかに関わらず行動する

ヨハネ 2:22(ALIVE訳)
イエスが死から復活したあと、仲間たちはこの時の発言を思い出し、聖書とイエスのことばをよりいっそう固く信じたのだった。

死から生へ

メッセージノート

‭‭詩篇‬ ‭77:14‬ ‭JCB‬‬
14 あなたは奇跡を行う神で、 今でも恐るべき力を発揮なさいます。

ヨハネ 11:1-4(ALIVE訳)
1 あるところに病気を抱えたラザロという男がいた。それは、例のマルタ、マリヤ姉妹が住むベタニヤ村だ。
2 マリヤはイエスの足に高価な香油を注ぎ、それを髪でぬぐった例の婦人だ。さて、病気になったラザロは、このマリヤの兄弟なのだ。
3 そこで、マリヤとマルタはイエスに使いを送った——「師匠、あなたが目をかけたラザロが重い病気にかかっています」
4「この病気は、ラザロが死んで終わりとはいかない!神に栄光を返すために起きているのだから。そして、それは神の子への栄光とつながるのだ!」

6 イエスが滞在先を発つと思いきや、もう2日間滞在した。

11「友達のラザロが眠っているんだ、起こしてやらないとな!」

あなたはイエスを諦めるかもしれない – でもイエスはあなたを諦めない

ヨハネ 11:20(ALIVE訳)
20 イエスが訪問していることを知らされた。マルタはそれを聞くと、取る物も取らず、迎えに駆けつけた。ところが、マリヤは家の中にじっと座ったままだった。

25「俺が、蘇りであり、生命だ。俺を信じる者は、たとえ死んでも、生き返る。
26 俺を信じて生きるなら、本当の意味では死なない。マルタ、これを信じるか?」
27「うん!師匠こそが、この世に来ると約束された救世主であり、神の子!!!」

‭‭ヨシュア記‬ ‭21:44-45‬ ‭新共同訳‬‬
44 主はまた、先祖に誓われたとおり、彼らの周囲を安らかに住めるようにされたので、彼らに立ちはだかる敵は一人もなくなった。
45 主は敵を一人残らず彼らの手に渡された。 主がイスラエルの家に告げられた恵みの約束は何一つたがわず、すべて実現した。

ルカ 1:37(ALIVE訳)
37 分かった?神に不可能はないッ!!!」

信仰を頭の中から心の中に

ヨハネ 11:38-40(ALIVE訳)
38 心うねるイエスは、墓に着いた。それは洞窟式の墓で、入口は円盤状の大きい石で閉じられている。
39「石をどけるんだ」イエスが人々をうながすと、「で、でも!もうひどい臭いがしますよ!弟が死んでから4日もたってるのですから」と、あわてて押しとどめるマルタ。
40「忘れたかい?信じるなら、神の偉大さを目の当たりにすると言ったのを」

ローマ 10:10(ALIVE訳)
10 そう、心の底からイエスを信じることで神に認められ、その確信を公に認めるなら神が救ってくれる。

見たものを信じるのではなく、イエスが言ったことを信じる

ヨハネ 11:43-44(ALIVE訳)
43 「ラザロ!!!出てこいッ!!!」イエスは大きな声で命じた。
44 な、な、なんと!!!布でぐるぐる巻かれたミイラ状態のまま、ラザロが出て来たではないか!顔も布で包まれたまま・・・人々はあっけにとられていると——「さあ早く布をほどいて自由にしろ!」

2コリント 5:7(ALIVE訳)
7 実際に見ることによってではなく、信じることによって、これを事実と認めている。

才能 パート1べツァルエル – クリエイティブな才能で溢れ出る

メッセージノート

(ヨハネ 7:37-38 JCB)
祭りの最後の一番大切な日に、イエスは大声で群衆に語りかけました。「だれでも、渇いているなら、わたしのところへ来て飲みなさい。(38)わたしを信じれば、心の奥底からいのちの水の川が流れ出ると、聖書に語られているとおりです。」

(ローマ 12:6 ALIVE訳)
神はすべての人に十人十色の、特別でユニークな能力を恵んでくれた。だから、預言することに恵まれているなら、他人と比べず、自分らしく預言するのだ!

恵み – 贈り物 -> 喜び(全ての言葉の原形は同じであり、一緒に見る必要がある)

才能は信仰に繋がっている – 才能を出来るだけ素早く活かし始める)

べツァルエルのストーリー

選ばれている:ヘブライ語:「名指しで呼ばれた」 べツァルエル(神様に守られている)ウリの子

(出エジプト記 35:30 JCB)
モーセは彼らに言いました。「主はユダ族のウリの子で、フルの孫に当たるベツァルエルを名指しで召し出し、この仕事の総監督に任じられた。

(エペソ 1:4 ALIVE訳)
神は、この世界を造る前から、キリストに属す私たちを、自分のものとして選んでくれていた。私たちを愛しているがゆえに、私たちを神の前で潔白として選んでくれた。

聖霊で完全に満たされた(溢れ出る)

(出エジプト記 35:31b 新改訳)
神の霊を満たされた。
スキル、才能、理解で完全に満たされていた=知恵に関連した言葉 – 利口、輝かしい、賢い、鋭敏、学ぶのが早い、積極的など

(出エジプト記 35:31b-33 新改訳)
彼に、知恵と英知と知識とあらゆる仕事において、神の霊を満たされた。(32)それは彼が金や銀や青銅の細工を巧みに設計し、(33)はめ込みの宝石を彫刻し、木を彫刻し、あらゆる設計的な仕事をさせるためである。

満たされて溢れ出る。なんで?

-計画を見る

-デザインを創る

-石を彫刻る

-気を形作る

-あらゆる設計的な仕事をする

(出エジプト記 35:34 新改訳)
また、彼の心に人を教える力を授けられた。彼とダン部族のアヒサマクの子オホリアブとに、そうされた。

聖なる働きを全て完了する=用意されている働きと才能

(出エジプト記 36:1 新改訳)
ベツァルエルとオホリアブ、および、聖所の奉仕のすべての仕事をすることのできる知恵と英知を主に与えられた、心に知恵のある者はみな、主が命じられたすべてのことを成し遂げなければならない。」

-発見

-向き合う・投資する

-祈る

-信仰

溢れ出る – パワフルな賛美の瞬間に起こり得ること

メッセージノート

(ヨハネの福音書 7:38 新改訳)
わたしを信じる者は、聖書が言っているとおりに、その人の心の奥底から、生ける水の川が流れ出るようになる。

(ヨハネの福音書 7:38 JLB)
わたしを信じれば、心の奥底からいのちの水の川が流れ出ると、聖書に語られているとおりです。

1.人々は悲しみからの解放を求めている

(サムエル記Ⅰ 16:14-17 JLB)
一方、主の霊はサウルから離れ、主が代わりに災いの霊を送り込まれたので、彼はいつも気が滅入り、何かにおびえるようになりました。(15-16) そこで家臣たちがサウルに治療法を進言しました。「災いの霊に苦しめられる時には、竪琴の音色が一番です。上手な弾き手を探してまいりましょう。美しい調べが心を静めてくれます。きっと晴れ晴れとしたご気分におなりでしょう。」(17)「そうだな。さっそく弾き手を見つけてまいれ。」

2.溢れ出る – パワフルな賛美の瞬間に起こり得ること

(サムエル記Ⅰ 16:18 JLB)
その時、家臣の一人が申し出ました。「ベツレヘムにいい若者がいます。私が会ったのはエッサイという人の息子ですが、竪琴を弾かせたら、それはもう天下一品です。りっぱな戦士で勇敢ですし、分別もございます。なおすばらしいことに、彼には主がついておられるのです。」

3.どんな賛美の時でも溢れ出ることにハングリーになろう

(サムエル記Ⅰ 16:21-23 JLB)
ダビデをひと目見たとたん、サウルは感嘆の声をもらし、たいそう気に入りました。こうしてダビデは、サウルのそば近くに取り立てられたのです。(22) サウルはエッサイのところに人をやり、「ダビデが気に入ったので手もとに置きたい」と伝えました。(23) 神からの霊がサウルをさいなむ時、ダビデが竪琴を弾くと、災いの霊が離れ、サウルは気分がよくなるのでした。

(マタイの福音書 9:21-22 JLB)
「このお方にさわるだけでも、きっと治る」と思ったからです。(22)イエスはふり向き、女に声をかけました。「さあ、勇気を出しなさい。あなたの信仰があなたを治したのです。」この瞬間から、女はすっかりよくなりました。

経済的自由への7つのステップ

メッセージノート

今、他の人とは違う生き方をしなさい。そうしたら後に、他の人とは違うように生き、与えられるように。」デーブ・ラムゼイ

(1 コリント 4:2 新改訳)このばあい、管理者には、忠実であることが要求されます。
(マタイ 25:23 JCB)『よくやった。おまえはわずかなお金を忠実に使ったから、今度はもっとたくさんの仕事を任せよう。私といっしょに喜んでくれ。』主人はこの男もほめてやりました。

STEP 1. お金のためにプランを立ててる – 毎月の予算を組む

「予算とは、お金に行き場所を指示することであり、どこに消えてしまったのだろうと途方に暮れることではない。」ジョン・マクスウェル

「的を狙わなければ、毎回的に当てることができる」ジグ・ジグラー

(箴言 21:5 JCB)地道に努力すれば利益がもたらされ、一儲けしようと急ぐと貧困がもたらされます。
(ルカ 14:28ALIVE訳)建物を建てる場合、仕事に手をつけるのは必要な経費を見積もってからだ。資金の見通しが立たないうちに建て始める人がいるか?

STEP 2. 初歩的な非常用貯金をする

(箴言 21:20 JCB)知恵のある人は将来に備えて貯金をし、愚か者は考えもなしに金を使います。

STEP 3. 借金を返済する – 借り手は借主の奴隷

(箴言 22:7 JCB)貧しい人が金持ちに押さえつけられるように、金を借りる者は貸してくれた人の奴隷になります。
(箴言 6:1-5 JCB)わが子よ。見ず知らずの人の保証人になり、借金の肩代わりをすることになったら、それは深刻な問題です。(2)あなたは自分が承諾したことによって、罠に陥ったのです。(3)もしそうなったら、すぐに手を打ちなさい。プライドを捨て、恥をかくことを覚悟して相手のところへ飛んで行き、証書から名前を消してもらいなさい。(4)先に延ばさず、今すぐしなさい。眠るのはそのあとにしなさい。(5)鹿が猟をする者の手を逃れ、鳥が網から逃れるように、うまく逃れるのです。

STEP 4. 3-6ヶ月分の緊急用の貯金をする

(箴言 6:6-8 JCB)怠け者よ、蟻を見ならいなさい。蟻のやり方を見て学びなさい。(7)蟻には、働けと命じる支配者がいません。(8)それでも夏の間懸命に働き、冬の食糧を集めます。

STEP 5. 将来のために投資する

(マタイ 25:19-21 JCB)だいぶ時がたち、主人が帰って来ました。すぐに使用人たちが呼ばれ、清算が始まりました。(20)五タラント預かった男は十タラントを差し出しました。『ご主人様。ごらんください。あの五タラントを倍にしました。』(21)主人は彼の働きをほめました。『よくやった。おまえはわずかなお金を忠実に使ったから、今度はもっとたくさんの仕事を任せよう。私といっしょに喜んでくれ。』

STEP 6. 住宅ローンを早めに返済する

(箴言 24:27 新改訳)外であなたの仕事を確かなものとし、あなたの畑を整え、そのあとで、あなたは家を建てよ。

STEP 7. 富を築く、すごく寛大になり、遺産を残す

(2 コリント 9:7 ALIVE訳)いくらささげたらよいかは、各自が決めるべきだ。自分はこれだけささげようと思っている人に、もっとたくさんささげるように強制してはいけない。神にとって大事なのは、喜んで与えるかどうかだ。
(箴言 13:22a JCB) 正しい人は孫にまで遺産を残します。