ヨセフ

メッセージノート

神様のことば

神様は夢を与えてくれる、でもそこにたどり着くまでにはいくつもの試練を乗り越える必要がある


ヨセフのストーリー(意訳)

適応
赦す、悔い改め/献金/奉仕

ヘブル12:1(ALIVE訳)
このように、数えきれないほどの信仰の勇者が、競技場の正面観覧席で、私たちの競技を見つめているのだ。だから、スピードを落とさせたり、うしろへ引き戻そうとする力に目を光らせろ。特に、足にうるさくまとわりついて、つまずかせようとする過ちをふり捨てるんだ。そして、神の用意された特別のコースを、根気強く走り抜こうではないか!

使徒の働き 7:9‭-‬10 JCB
その一人ヨセフは、ほかの兄弟たちのねたみを買い、エジプトに奴隷として売られました。しかし神様は、ヨセフと共にいて、 あらゆる苦境から彼を救い出し、エジプトの王パロの前で彼に恵みを与えられたのです。神様がヨセフにすばらしい知恵を与えたので、パロはヨセフを、エジプト全土を治める大臣に取り立て、宮中の管理もいっさい任せました。

プライド

創世記 37:1‭-‬11 JCB
ヤコブはまた、カナンの地に住むことになりました。かつて父イサクが住んでいた所です。 この時、息子のヨセフは十七歳になっていました。腹違いの兄である、ビルハやジルパの息子たちといっしょに、父親の羊の群れの番をするのが、ヨセフの仕事でした。そんな時、兄たちが何か悪いことをすると、ヨセフはいちいち父親に知らせるのです。 イスラエルはヨセフを、どの息子よりもかわいがっていました。年をとってからの子だったからです。それで、彼には飾りつきの特別仕立ての服を作ってやりました。 こうあからさまにえこひいきされては、兄たちもおもしろくありません。ヨセフが憎らしくて、優しいことばなどかけられないのです。 そんなある晩、ヨセフは夢を見ました。その話をさっそく事細かに話したものですから、ますます兄たちに嫌われてしまいました。 「聞いてよ。僕、こんな夢を見たんだ。」得意げに、ヨセフは言いました。 「みんなが畑で束をたばねていたんだ。そうしたら僕の束が、いきなりすっくと立ち上がった。それからどうなったと思う? 兄さんたちの束が回りに集まって来て、僕の束におじぎをするんだ。」 「じゃあ何かい、おまえがおれたちの主人になって支配するとでもいうのかい?」兄たちはせせら笑いました。「いつものことだが、なんて生意気なやつだ。だいいち、その夢が気にくわない。」ヨセフがますます憎らしくなるばかりでした。 ヨセフはまた夢を見て、兄たちに話しました。「また夢を見たんだけど、太陽と月と十一の星が、僕におじぎしたんだ。」 今度は父親にも話をしました。父親はさすがに彼をしかりつけました。「いったいどういうことなんだ! 母さんと兄さんたちだけでなく、私までが、おまえにおじぎをするというのか。」 兄たちは彼がねたましくてなりませんでしたが、父親はいったいどういう意味なのかと、あれこれ考えて心に留めておきました。

落とし穴

創世記 37:19‭-‬22‭, ‬24‭-‬28 JCB
「あの大ぼらふきが来るぞ。あんなやつ、殺して井戸に投げ込んでしまおう。おやじには獣に食われたとでも言えばいい。例のすばらしい夢がどうなるか見たいものだ。」 けれども、ルベンはヨセフを助けたかったので、異議を唱えました。「殺すこともないじゃないか。血を流すのはよくないよ。生きたまま井戸に投げ込んでおけばいいんだ。あいつに手を下すのはやめよう。」 こうしておけば、あとで井戸から救い出し、父のもとに帰してやれると考えたのです。 空っぽの井戸に投げ込みました。 それから、腰をおろして夕食にしたのですが、ふと気がつくと、遠くから、らくだの一隊がやって来るではありませんか。おそらく樹脂や香料、薬草類をギルアデからエジプトに運ぶ、イシュマエル人の隊商でしょう。 「おい、見ろよ。」ユダが叫びました。「イシュマエル人が来るぞ。ヨセフのやつを売り飛ばすってのはどうだい。殺すのは、どう考えても気持ちのいいもんじゃない。自分たちの手で殺したりすれば、あとでいやな思いをするだろう。虫の好かないやつだけど、やっぱり弟なんだからな。」みな賛成です。 そこで、隊商がそばまで来ると、ヨセフを井戸から引き上げて銀貨二十枚で彼を売りました。ヨセフはエジプトへ連れて行かれるのです。

宮殿

創世記 39:2‭-‬10 JCB
ヨセフはこの主人となった人の家の仕事をさせられましたが、いつも主が助けてくださるので、何をしてもうまくいきました。 ポティファルの目に、主がヨセフに特別よくしておられることは明らかでした。 ヨセフは主人の気に入り、家の管理と業務のすべてを任されるようになったのです。 すると、ポティファルの家は祝福され、万事がスムーズに運びました。収穫も、羊の群れも増える一方でした。 喜んだポティファルは、全財産の管理をヨセフに任せることにしました。ヨセフさえいれば、何の心配もありません。しかも、ヨセフはたいへん美青年でした。 そこで、困ったことが持ち上がりました。事もあろうに、ポティファルの妻がヨセフに目をつけて、彼を誘惑するようになったのです。 ヨセフはそれを拒みました。「ご主人は家のこといっさいを私にお任せになりました。 家では、私のすることに、決して口出ししたり、指図したりなさいません。あなた以外は何でも私の自由にさせてくださいます。これほどまでにしていただいて、どうして、そんな大それたことができましょう。ご主人ばかりか、神様にまで背くことなどできません。」 それでも彼女はあきらめません。毎日しつこく言い寄り、ヨセフが相手にしないと何とかして気を引こうとやっきになりました。

創世記 41:41‭-‬43 JCB
王は自分の印のついた指輪を、権威のしるしとしてヨセフの指にはめ、美しい服を着せて、首には王がつける金の首飾りをかけました。「おまえをエジプトの総理大臣に任命する。王のわしがそう宣言する。」 王はまた、国で第二の地位にあることを示す車を、ヨセフに与えました。ヨセフがどこかへ出かける時は、必ずだれかが、「総理大臣閣下のお通りーっ!」と叫ぶのです。

落とし穴からから宮殿へ

1.クリーンな心を維持する

マタイ15:18(ALIVE訳)
18 だが、人の口から出る悪口は、悪い思いによって生まれ、そのせいで人は汚れる。

2.神様は色々な場面の裏で働いていることを知る

ローマ人への手紙 8:28 JCB
たちは、神を愛し神のご計画のうちを歩んでいる人のためには、その身に起こることはすべて、神が益としてくださることを知っているのです。

3.ジーザスを1番に置き続ける

申命記 8:11‭-‬14 JCB
しかし油断は禁物です。何の心配もないからといって気がゆるみ、あなたの神、主を忘れ、主に背くようになってはいけません。 家を持ち、羊や牛も増え、財産ができ、満ち足りるようになったときこそ危ないのです。気をつけないと、主のおかげでそうなったのに、思い上がり、エジプトでの奴隷生活から救い出されたことなど忘れてしまうのです。

はじけよう!

メッセージノート

ルカ筆 9:1-6 (ALIVE訳)
1ある日のこと―― イエスは12人の使徒たちを呼び集め、全ての病やまいを治す力と人から悪魔を追っ払う力を授けた・・・ 2 それは、十二使徒を各地に放ち、あらゆる人に神の王国キングダムを伝え、病人を治すためだ。3 送り出す前にイエスはこう指示をした。「着ている服以外、すべてを置いて旅に出てもらう!杖、かばん、食料、お金、全てだ。 4 町に着いて、宿として家に迎え入れてくれたら、町を出るまではその家にとどまる。5 もし、その町で誰も受け入れてくれず、おまえたちの話に耳を傾けない場合は、その町をさっさと去るんだ・・・!そして彼らへの警告として、足のちりをきっちり払い落とせ!!」―― 【足のちりを払い落とす行為は、“話すことはもう何もない”という警告だった】6 十二使徒は、イエスからの指示を心に刻み、町から町へと足を運んだ。最高の知らせゴスペルを伝え、人知を超えた力で町の人の病を治していった。

家を見つけよう

詩篇 1:3 (口語訳)
3 このような人は流れのほとりに植えられた木の/時が来ると実を結び、その葉もしぼまないように、そのなすところは皆栄える。

いいニュースを伝えよう

ローマ教会への手紙 10:8 (ALIVE訳)
8 「神の最高な知らせ(ゴスペル)は手の届くところにある。それは口先と心の中だ

人のために祈ろう

テサロニケ教会への手紙Ⅰ 5:16-18 (ALIVE訳)
16 いつも喜びにあふれていろ! 17 絶えず祈れ!18 何があっても、感謝の心を持て!

1. ドアをこじ開けないで ー 開くように祈る

2. ふり払う

3. 自然体の自分をスーパーな自分に!

神様の“ささやき”

メッセージノート

神様の“ささやき”

神の言葉
神様は動いている、神様の存在そして新鮮な言葉を聞いていこう

表現
嵐の中のささやき声の話

適応
神様と共に見る夢、神様が私たちのために計画を持っていることを知る

箴言 3:6 (JCB)
何をするにも、主を第一にしなさい。 主がどうすればよいか教えてくださり、 それを成功させてくださいます。

なぜ神様は私たちに語るの?

神様は友達のように話しかける

出エジプト記 33:11 (JCB)
天幕の中では、まるで親しい友のように、主はモーセに語りました。そのあと、モーセが野営地に帰ると、彼の従者であるヌンの子ヨシュアはそのまま天幕に残りました。

神様は私たちを導くように話す

詩篇 119:105 (JCB)
あなたのおことばは、 つまずかないように道を照らしてくれる明かりです。

神様は私たちに新しい考え方を与えてくれる

2コリント5:7(ALIVE訳)
 実際に見ることによってではなく、信じることによって、これを事実と認めている。

神様のささやき

列王記Ⅰ 19:11‭-‬12 (JCB)
すると、「外に出て、山の上でわたしの前に立ちなさい」と主のことばがありました。と、その時、主が通り過ぎ、激しい風が山を直撃し、岩が砕け落ちました。しかし、風の中に主はいませんでした。風のあとに地震が起こりましたが、そこにも主はいませんでした。 地震のあとに火が燃えましたが、火の中にも主はいませんでした。火のあとに、ささやくような細い声が聞こえてきました。

1.彼は励ましをささやく

2.彼は警告をささやく

3.彼は進むべき方向をささやく

4.彼は夢をささやく

エレミヤ書 29:11 (JCB)
わたしは、おまえたちのために立てた計画をよく知っている。それは災いではなく祝福を与える計画で、将来と希望を約束する。

聞く準備をする

メッセージノート

‭‭箴言 知恵の泉‬ ‭3:6‬ ‭JCB‬‬
6 何をするにも、主を第一にしなさい。 主がどうすればよいか教えてくださり、 それを成功させてくださいます。

ルカ 8:5-8(ALIVE訳)
5「あるところの農夫が作物の種をまくために出かけた時の話だ。ある種は道端に落ちてしまい、人々に踏まれ、最後には鳥たちがひょいとやって来て、落ちていた種をあっという間に食べ尽くしてしまった!
6 別の種は土が足りない岩だらけの地へ落ちてしまった。土が浅いとすぐに芽を出すことができるが、根を深く張ることができない芽は、日が照りつけると、水がないので、すぐに枯れてしまう。
7 ある種はいばらが生い茂る草むらに落ちてしまった。しばらくすると、周りのいばらが成長し、せっかく育ち始めた良い芽の成長を邪魔したため、結局、実を結ぶことができなかった。
8 その他の種は良い地に落ちた。これらの種はグングン成長し、100倍の実を結んだ。
耳がついてるならよく聞け!」

1.「試される」心

ルカ 8:12(ALIVE訳)
12 たまに道端に落ちる種があるが、これは神の教えを聞いても、すぐに悪魔が邪魔しに来て、その教えを忘れさせる。そのため、彼らは信じることができず、救われることもない・・・

1コリント 10:13(ALIVE訳)
13 あなたがたが経験する誘惑は別に新しくもなんともない。 誰もがとおってきた誘惑ばかりである。次のことに置いて、神に一切の信頼をおいて良い。すなわち神はほどの誘惑に合わせることはしない。どんな誘惑であっても誘惑されても、必要な抜け道を用意してくれるのである。

2.「散らされる」心

ルカ 8:13(ALIVE訳)
ある人は、岩だらけの地へ落ちてしまった種のように、神の教えを聞いて、すぐに、しかも喜んで受け入れはするが、彼らの人生に深く根付くこともなく、長続きはしない。受け入れた教えが理由で、自分の身に問題や迫害が起こると、簡単にしっぽを巻いて逃げていく。

ルカ 10:39-40(ALIVE訳)
39 マルタにはマリヤという妹がいた。マリヤはイエスのそばに座り込んで、イエスの教えに聞き入っている。
40 一方、姉・マルタは——(どうおもてなししようかしら・・・あれ、それともこれ、いやいや、あれとこれ・・・あ゙〰〰)接待に気をつかって、てんてこ舞の忙し「も゙〰!」遂にマルタは声をあげた。「先生ッ!妹が私に接待を任せっきりなのになんとも思わないんですかッ!!手伝うように言って下さい!!!」

3.「未熟」な心

ルカ 8:14(ALIVE訳)
14 いばらの中に落ちた種はどうだ? 彼らは、たとえ神の教えを聞いても、他のことで頭がいっぱいになってしまう。将来への不安や金銭欲、また、その他に対する欲求不満。これらによって成長は遅れ、人生においてよい成果をだせなくなる。神の言葉が彼らの人生を通して実を結ぶことはない。

へブル 6:1(ALIVE訳)
だから、救世主の初歩の教えをいつまでも卒業できずに、堂々巡りをするのはやめるんだ。むしろ、もっと理解力を高め・・・

4.「準備ができてる」心

ルカ 8:15(ALIVE訳)
15 良い地に落ちた種はどうなるかな?それは、神の教えを純粋に聞き、しっかり飲み込む。その人は、神の言葉に従い、流されず、良い実を結んでいく!」

どうしたら神様の声をはっきり聞くのに自分の心を準備できるか?

1.心をクリーンに保つ

許して、許して、許す

2.邪魔なものを取り去る

イエスとの「スクリーンタイム」はどうなってる?

3.成長に励む

良い面で成長する

あなたの次のステップ

メッセージノート

エペソ 4:11-15(ALIVE訳)
11 そして、この救世主がこれらの能力を贈ってくれたのだ。ある人は救世主の代弁者としての使命をもった使徒、ある人は神に与えられたことばを伝える預言者、ある人は最高な知らせを広める伝道者、ある人は教会の人たちを世話する羊飼い、ある人は教会の人たちを指導する教師。
12 なぜこのように、最善を尽くせる能力がそれぞれに与えられたのだろうか。それは、神の民となった人たちが、神のためにより良く働けるよう整え、救世主の体である教会を、完成した状態へと建て上げるためである。
13 そしてついに、私たちはみな、救世主である神の一人子について、同じ確信を持つに至り、完璧な救世主のように成熟した者を目指して生きるのだ。
14 そこで、もはや、だれかから曲がったことを教えられたり、うそを真実のように、たくみに見せかけられたりしても、そのたびに、波風に揺らぐ船のようにふらふらと、信じるものを変えてはいけない。
15 むしろ、誠実に語り、誠実にふるまい、誠実に生きて、常に真理に従うのを喜び、あらゆる点で、救世主のように、すなわち、教会の頭である方にますます似た者となるのだ。

へブル 6:1-2(ALIVE訳)
1 だから、救世主の初歩の教えをいつまでも卒業できずに、堂々巡りをするのはやめるんだ。むしろ、もっと理解力を高め、さらにすぐれた教えを目指して進もうじゃないか。善い行いによって救われようとする過ちや、神を信じる必要性などを、これ以上聞くには及ばない。
2 洗礼、神の霊を受けること、死人の復活、永遠の裁きについても、これ以上新たなことを教わる必要はない。

次のステップはイエスに向かって行く

‭‭箴言 知恵の泉‬ ‭15:24‬ ‭JCB‬‬
24 神を恐れる人の道は天国へ上る道。 地獄からはどんどん遠ざかります。

次のステップを取るのにある3つの壁

自分たちの過去

‭‭箴言 知恵の泉‬ ‭15:24‬ ‭JCB‬‬
24 神を恐れる人の道は天国へ上る道。 地獄からはどんどん遠ざかります。
2コリント 5:17(ALIVE訳)
17 だれでも、イエスの信者になると、神によってその世界が新しくされる。今までの世界観はなくなり、新しいものを得る。

自分たちの古い考え方

ルカ 5:37-39(ALIVE訳)
37 また、新しいワインを古い革袋に入れる人なんていない。んな事したら、発酵時に発生する圧力に負けて袋が破裂してしまう。ワインがこぼれて、革袋が台無しだ。
38 新しいワインは新しい革袋に入れるのがお決まりだ。
39 かといって、ビンテージワインで慣らした口は、新しいワインを口にしない。彼らは、“古いままで結構”と言う」

自分たちの疑い

ルカ 5:37-39(ALIVE訳)
37 また、新しいワインを古い革袋に入れる人なんていない。んな事したら、発酵時に発生する圧力に負けて袋が破裂してしまう。ワインがこぼれて、革袋が台無しだ。
38 新しいワインは新しい革袋に入れるのがお決まりだ。
39 かといって、ビンテージワインで慣らした口は、新しいワインを口にしない。彼らは、“古いままで結構”と言う」
‭‭エレミヤ書‬ ‭1:5-7‬ ‭JCB‬‬
5「わたしは、母の胎内に宿る前から おまえを知っていた。 生まれる前から、 わたしの聖なる者として取っておき、 国々にわたしのことばを伝える者に任命していた。」
6「神よ、とんでもないことです。 私にできるはずがありません。 若すぎて、何を語ればよいのかわかりません。
7「そんなことを言ってはならない。 わたしが送り出す所どこへでも行き、 命じることはすべて語るのだ。」

あなたの次のステップは?

近くのチャーチに根付く

日曜日に参加

公で信仰を宣言する

洗礼

神様を第一におく

十分の一献金

鋭くする

コネクトグループ

自分のギフトを見つける

グローコース

違いを生み出す

ドリームチーム

失われた人に手を差し伸べる

アウトリーチと人を誘う

ほかの人の成長を助ける

リーダーシップ

大漁

メッセージノート

詩篇‬ ‭77:14‬ ‭JCB
14 ‬‬あなたは奇跡を行う神で、 今でも恐るべき力を発揮なさいます。

ルカ 5:5-11(ALIVE訳)
5「先生・・・漁師である俺たちが夜通し働いて小魚一匹獲れなかったんでっせ。でもあんたが言うんなら・・・」
6 そらよっと・・・ピシャッ網は勢いよく広がって沈んでゆく。シモンは慣れた手つきで網を巻き上げる・・・「!」「んぐっ・・・!ふんぐぅっ!!・・・ぬ”ぅぅぅ!!!」網がはち切れんばかりの大漁だ!!!
7「お、おい!手を貸してくれ!」そう漁師仲間たちを呼ぶと彼らは急いで応援に来た。——小舟に分けて水揚げしたが、どちらも獲物の重さで沈みそうだ・・・!
8 シモン・ペテロはあわててイエスの前にひざまずいた。「これ以上俺に近づいちゃあいけねぇッ!!!おりゃあダメなやつなんです・・・」
9 シモン・ペテロを始め、漁師たちは、度肝を抜かれたのだ。こんなにおびたただしい数の魚が一度に獲れたのは生まれて始めてだ。
10 シモンの仕事仲間であるゼベダイの息子・ヤコブとヨハネも開いた口がふさがらない。「はは、恐れるなッ!魚はこれで終いだ。これからおまえは、人を引き揚げる男になるッ!!!」「!」
11 彼らは小舟を岸に泊めると、何もかも置いてイエスの後を追った。

収穫を逃さないで

イエスを日曜日に限る

– 自分たちの日々の生活も奇跡の一部になる(3節)

イエスに合理的に見せようとする

-「もしあなたがそう言うのなら」の信仰を持とう

1人で人生を送る

-奇跡の一部になる友達というのは素晴らしい祝福であり、生涯の友達であることを意味する

ペテロの大漁

Provision follows vision

マタイ 7:11(ALIVE訳)
11 自己中なあなたたちだって、子どもには良いものをあげるだろうよ!ならなおさら、天の父が、求める者に良いものを与えないなんてことがあるか!!!」

恵みに生きる

ローマ 8:1-2(ALIVE訳)
1 だから、今やイエス・救世主に属する人は、死刑宣告から免れているのだ。
2 なぜなら、イエス・救世主は生命を与える神の霊の力で、過ちと死の力から私を解放してくれたからだ。

過去を置いていく

2コリント 5:17(ALIVE訳)
17 だれでも、イエスの信者になると、神によってその世界が新しくされる。今までの世界観はなくなり、新しいものを得る。

水からワインに

メッセージノート

‭‭詩篇‬ ‭77:14‬ ‭JCB
あなたは奇跡を行う神で、 今でも恐るべき力を発揮なさいます。

ヨハネ 2:1-10(ALIVE訳)
1 3日後——ガリラヤ地方カナ町で催された結婚式に、イエスの母の姿が。
2 イエスとその仲間も共に招かれていた。
3「あれま!」式真っ只中にワインが切れたことを知ったマリヤは息子イエスにその事態を伝えに行った。「ワインがもう切れちゃったけど・・・」
4「母さん、俺に言ってどうするんだ?今はまだその時じゃあない」
5 母は召使いたちを見ると——「彼の言う通りにするのよ」
6 そこには、ユダヤ人が<清めの儀式>に使う、大きな水瓶が6つほど置いてあった——【ユダヤ人は、食事の前や神殿での礼拝前、その他、特別なイベントの前には必ず手などを洗う、清めの儀式を行っていた】水瓶はそれぞれ、80L~120Lほど水やワインを入れることができるもの。
7——「水瓶を、水でいっぱいにするんだ」「はい」イエスの申し付けどおり召使いたちは、水瓶を水でいっぱいにした。
8「そこから水を汲んで、幹事のもとへ持って行くんだ」「はい」イエスの申し付けどおり召使いたちは幹事に持って行った。
9 幹事はその水を味見した。(どれどれ・・・・・・ん?!なぬ!!)なんと!水がワインに変わっているではないか!もちろん、幹事はそのワインがどこから来たのか、知る由もなかったが、召使いたちは、事の始終を知っていた。幹事はすぐさま花婿を呼び寄せた。
10「いやー参った!たいがいの人は、良いワインを最初に出しておいて、客が酔って味が分からなくなった頃に、安いワインを出すもんだが、まさか最上級のワインを最後までとっておいたとは!!!」

何もない状態で走る

イエスを自分たちの予定に合わせようとしてしまう

自分たちの考えとか行動が「宗教的」になってしまう

ネガティブなことを大げさにしてしまう

新しいワインに向け準備する

何もないと感じたら – イエスに頼る

イザヤ書‬ ‭55:1‬ ‭JCB‬‬
「渇いている人がいるなら、金を持っていなくても、 自由に飲みに来なさい。 最上のぶどう酒とミルクと穀物を 無料で持って行きなさい。
‭‭
ヨハネ 7:37(ALIVE訳)
37 仮庵祭で最も大切な最終日——イエスは立ち上がり、祭りにぎわっている民衆に大声で大胆に語りかけた——「だれでも、のどが渇いているなら、私のところへ来て飲みなさい!!!

イエスがやってと言ったことをやる

ヨハネ 14:15(ALIVE訳)
15「俺を愛するなら、俺の意志を継ぐ。

‭‭イザヤ書‬ ‭55:8-9‬ ‭新共同訳‬‬
8「わたしの思いは、あなたたちの思いと異なり/わたしの道はあなたたちの道と異なると/主は言われる。
9 天が地を高く超えているように/わたしの道は、あなたたちの道を/わたしの思いは/あなたたちの思いを、高く超えている。」

ベストを期待する – たとえ最後であっても

ヤコブ 1:17(ALIVE訳)
17 すべて良いもの、完全なものは、空に輝くすべての光を創った神から贈られる。
神は光輝くが、その光に照らされてゆれる影のように、変化することはない。

2コリント 1:20(ALIVE訳)
20 神のあらゆる約束に“はい”と言い、ことごとく実行するのは、この救世主だ。だからこそ、救世主の名によって神の栄光に“アーメン”と言っているのだ。

安心・平安で溢れ出る

メッセージノート

(ヨハネ 7:37-39 JCB)
祭りの最後の一番大切な日に、イエスは大声で群衆に語りかけました。「だれでも、渇いているなら、わたしのところへ来て飲みなさい。(38)わたしを信じれば、心の奥底からいのちの水の川が流れ出ると、聖書に語られているとおりです。」(39)〔イエスは聖霊のことを言われたのです。聖霊は、イエスを信じる人すべてに与えられることになっていましたが、この時はまだ与えられていませんでした。イエスが天にある栄光の座に戻っておられなかったからです。〕

(ヨハネ 14:27 ALIVE訳)
おまえたちには、俺にしかない“安心”を授けよう。俺が与える安心は、世が与える“はかない安心”とは比べものにならない。だから、焦るな。恐れるな。

(ルカ 8:48 JCB)
イエスは女に、「あなたの信仰があなたを治したのです。さあ、安心してお帰りなさい」と言われました。

この安心を持ち語る

(マタイ 10:12-13 新改訳)
その家にはいるときには、平安を祈るあいさつをしなさい。(13)その家がそれにふさわしい家なら、その平安はきっとその家に来るし、もし、ふさわしい家でないなら、その平安はあなたがたのところに返って来ます。

1.「安心・平安がなくなった」というのは?

(コロサイ 3:15 JCB)
キリストにある平和が、いつもあなたがたの心と生活を満たすようにしなさい。そうすることが、キリストの体の一部とされたあなたがたの責任であり、特権でもあるからです。また、いつも感謝していなさい。

(ピリピ 4:7 ALIVE訳)
そうすれば、神が安心と自信を注ぎ、精神的に安定させてくれる。それは、人の考え方では実現不可能なレベルの自信と安心だ。

2.「神様からの平安を感じない」ときは?

(申命記 31:6 JCB)
心を強くもち、勇敢に戦いなさい。恐れてはいけません。おじけづいてはいけません。主が味方なのです。主は絶対に、あなたを裏切ったり見捨てたりなさいません。」

(ヘブル 13:5b ALIVE訳)
神は、こう約束しているからだ。「何があっても“わたしは”あなたの期待を裏切らず、見捨てはしない」

(申命記 31:6)
主は絶対に、あなたを裏切ったり見捨てたりなさいません。

奇跡的な信仰

メッセージノート

詩篇‬ ‭77:14‬ ‭JCB‬‬
14 あなたは奇跡を行う神で、 今でも恐るべき力を発揮なさいます。

マルコ 9:17-24(ALIVE訳)
17 イエスが聞くと、ある男が進み出てきた。「先生!息子が悪魔に侵され、話すことができないんです・・・イエス先生ならと思い、見てもらいに来たんです!!
18 憎い悪魔は、息子が口から泡を吹くほどにドンッと地面に投げ倒し、歯ぎしりをして硬直させやがるんです・・・ぐすッ・・・先生がいないって言うんで、先生のお弟子さんに悪魔を追い払うよう、お願いしたんですが、無理だったようで・・・先生、どうかっ!!!」
19「信じない時代だなー!いつまで俺が一緒じゃなきゃいけない。いつまで待てばいんだ・・・その子をここに」
20 数人がかりで取り憑かれた少年を連れてきた。ところが悪魔は、イエスを見るなり少年をさらに苦しめ始める——ぐわぁぁぁ〰〰っ・・・ブクブクブク・・・・・・少年は地面に倒れて転げ回り、口から泡を吹いた。
21 それを見たイエスは哀れんだ表情を浮かべた。「いつからですか?」「もぉ幼いときからです・・・
22 この悪魔が息子を殺そうと、炎や湖の中に身を投げ込むもんで、息子は何度死にかけたか。お、お願いします!もし救えるなら、うちの子を救ってくださいッ!!」
23「なぜもしと言う?・・・信じる者に不可能はない!」
24「し、信じますとも!どうか、不届き者である私がもっと信じられるように、助けてください!!!」

信仰を失わせるもの

-信じない文化

-過去の失望

-自分たちの言葉

奇跡的な信仰は

見えないときに信じる

へブル 11:1(ALIVE訳)
信仰とは、願い事が必ずかなえられるという、不動の確信のことだ。
また、どうやって起こるかわからない行く手にも、望みどおりのことが必ず待ち受けていると信じて、疑わないことである。

信仰「名声の穴」

-アベル

-ノア

-アブラハム

-サラ

-ヨセフ

-モーセ

-ギデオン

-サムソン

-ダビデ

-ダニエル

絶え間なく祈る

コロサイ 4:2(ALIVE訳)
絶えず感謝の心を持って祈り、どんなことにも臨機応変に対応できるようにしていなさい。

自分がどう感じるかに関わらず行動する

ヨハネ 2:22(ALIVE訳)
イエスが死から復活したあと、仲間たちはこの時の発言を思い出し、聖書とイエスのことばをよりいっそう固く信じたのだった。

死から生へ

メッセージノート

‭‭詩篇‬ ‭77:14‬ ‭JCB‬‬
14 あなたは奇跡を行う神で、 今でも恐るべき力を発揮なさいます。

ヨハネ 11:1-4(ALIVE訳)
1 あるところに病気を抱えたラザロという男がいた。それは、例のマルタ、マリヤ姉妹が住むベタニヤ村だ。
2 マリヤはイエスの足に高価な香油を注ぎ、それを髪でぬぐった例の婦人だ。さて、病気になったラザロは、このマリヤの兄弟なのだ。
3 そこで、マリヤとマルタはイエスに使いを送った——「師匠、あなたが目をかけたラザロが重い病気にかかっています」
4「この病気は、ラザロが死んで終わりとはいかない!神に栄光を返すために起きているのだから。そして、それは神の子への栄光とつながるのだ!」

6 イエスが滞在先を発つと思いきや、もう2日間滞在した。

11「友達のラザロが眠っているんだ、起こしてやらないとな!」

あなたはイエスを諦めるかもしれない – でもイエスはあなたを諦めない

ヨハネ 11:20(ALIVE訳)
20 イエスが訪問していることを知らされた。マルタはそれを聞くと、取る物も取らず、迎えに駆けつけた。ところが、マリヤは家の中にじっと座ったままだった。

25「俺が、蘇りであり、生命だ。俺を信じる者は、たとえ死んでも、生き返る。
26 俺を信じて生きるなら、本当の意味では死なない。マルタ、これを信じるか?」
27「うん!師匠こそが、この世に来ると約束された救世主であり、神の子!!!」

‭‭ヨシュア記‬ ‭21:44-45‬ ‭新共同訳‬‬
44 主はまた、先祖に誓われたとおり、彼らの周囲を安らかに住めるようにされたので、彼らに立ちはだかる敵は一人もなくなった。
45 主は敵を一人残らず彼らの手に渡された。 主がイスラエルの家に告げられた恵みの約束は何一つたがわず、すべて実現した。

ルカ 1:37(ALIVE訳)
37 分かった?神に不可能はないッ!!!」

信仰を頭の中から心の中に

ヨハネ 11:38-40(ALIVE訳)
38 心うねるイエスは、墓に着いた。それは洞窟式の墓で、入口は円盤状の大きい石で閉じられている。
39「石をどけるんだ」イエスが人々をうながすと、「で、でも!もうひどい臭いがしますよ!弟が死んでから4日もたってるのですから」と、あわてて押しとどめるマルタ。
40「忘れたかい?信じるなら、神の偉大さを目の当たりにすると言ったのを」

ローマ 10:10(ALIVE訳)
10 そう、心の底からイエスを信じることで神に認められ、その確信を公に認めるなら神が救ってくれる。

見たものを信じるのではなく、イエスが言ったことを信じる

ヨハネ 11:43-44(ALIVE訳)
43 「ラザロ!!!出てこいッ!!!」イエスは大きな声で命じた。
44 な、な、なんと!!!布でぐるぐる巻かれたミイラ状態のまま、ラザロが出て来たではないか!顔も布で包まれたまま・・・人々はあっけにとられていると——「さあ早く布をほどいて自由にしろ!」

2コリント 5:7(ALIVE訳)
7 実際に見ることによってではなく、信じることによって、これを事実と認めている。