神様の言葉| ブレイクスル|の前に讃美が来る

Aug 19 2018
メッセンジャー:
ジョシュア・オサリバン
長さ:
38:58
God word - praise comes before the breakthrough
神様の言葉 - ブレイクスルーの前に讃美が来る

Story - Jericho walls (will summarize)
ストーリー - エリコの壁(後ほど要約)

Application - Let our 1st response be to praise
適用 - 私たちの1番目の反応を讃美にしよう

Praise Before The Breakthrough
ブレイクスルーの前の讃美

Joshua 6:1-20 NIV
[1] Now the gates of Jericho were securely barred because of the Israelites. No one went out and no one came in. [2] Then the Lord said to Joshua, “See, I have delivered Jericho into your hands, along with its king and its fighting men. [3] March around the city once with all the armed men. Do this for six days. [4] Have seven priests carry trumpets of rams' horns in front of the ark. On the seventh day, march around the city seven times, with the priests blowing the trumpets. [5] When you hear them sound a long blast on the trumpets, have the whole army give a loud shout; then the wall of the city will collapse and the army will go up, everyone straight in.” [6] So Joshua son of Nun called the priests and said to them, “Take up the ark of the covenant of the Lord and have seven priests carry trumpets in front of it.” [7] And he ordered the army, “Advance ! March around the city, with an armed guard going ahead of the ark of the Lord.” [8] When Joshua had spoken to the people, the seven priests carrying the seven trumpets before the Lord went forward, blowing their trumpets, and the ark of the Lord's covenant followed them. [9] The armed guard marched ahead of the priests who blew the trumpets, and the rear guard followed the ark. All this time the trumpets were sounding. [10] But Joshua had commanded the army, “Do not give a war cry, do not raise your voices, do not say a word until the day I tell you to shout. Then shout! ” [11] So he had the ark of the Lord carried around the city, circling it once. Then the army returned to camp and spent the night there. [12] Joshua got up early the next morning and the priests took up the ark of the Lord. [13] The seven priests carrying the seven trumpets went forward, marching before the ark of the Lord and blowing the trumpets. The armed men went ahead of them and the rear guard followed the ark of the Lord, while the trumpets kept sounding. [14] So on the second day they marched around the city once and returned to the camp. They did this for six days. [15] On the seventh day, they got up at daybreak and marched around the city seven times in the same manner, except that on that day they circled the city seven times. [16] The seventh time around, when the priests sounded the trumpet blast, Joshua commanded the army, “Shout! For the Lord has given you the city! [17] The city and all that is in it are to be devoted to the Lord. Only Rahab the prostitute and all who are with her in her house shall be spared, because she hid the spies we sent. [18] But keep away from the devoted things, so that you will not bring about your own destruction by taking any of them. Otherwise you will make the camp of Israel liable to destruction and bring trouble on it. [19] All the silver and gold and the articles of bronze and iron are sacred to the Lord and must go into his treasury.” [20] When the trumpets sounded, the army shouted, and at the sound of the trumpet, when the men gave a loud shout, the wall collapsed; so everyone charged straight in, and they took the city.
ヨシュア記 6:1-20 口語訳
1 さてエリコは、イスラエルの人々のゆえに、かたく閉ざして、出入りするものがなかった。2 主はヨシュアに言われた、「見よ、わたしはエリコと、その王および大勇士を、あなたの手にわたしている。3 あなたがた、いくさびとはみな、町を巡って、町の周囲を一度回らなければならない。六日の間そのようにしなければならない。4 七人の祭司たちは、おのおの雄羊の角のラッパを携えて、箱に先立たなければならない。そして七日目には七度町を巡り、祭司たちはラッパを吹き鳴らさなければならない。5 そして祭司たちが雄羊の角を長く吹き鳴らし、そのラッパの音が、あなたがたに聞える時、民はみな大声に呼ばわり、叫ばなければならない。そうすれば、町の周囲の石がきは、くずれ落ち、民はみなただちに進んで、攻め上ることができる」。6 ヌンの子ヨシュアは祭司たちを召して言った、「あなたがたは契約の箱をかき、七人の祭司たちは雄羊の角のラッパ七本を携えて、主の箱に先立たなければならない」。 7 そして民に言った、「あなたがたは進んで行って町を巡りなさい。武装した者は主の箱に先立って進まなければならない」。8 ヨシュアが民に命じたように、七人の祭司たちは、雄羊の角のラッパ七本を携えて、主に先立って進み、ラッパを吹き鳴らした。主の契約の箱はそのあとに従った。 9 武装した者はラッパを吹き鳴らす祭司たちに先立って行き、しんがりは箱に従った。ラッパは絶え間なく鳴り響いた。10 しかし、ヨシュアは民に命じて言った、「あなたがたは呼ばわってはならない。あなたがたの声を聞えさせてはならない。また口から言葉を出してはならない。ただ、わたしが呼ばわれと命じる日に、あなたがたは呼ばわらなければならない」。11 こうして主の箱を持って、町を巡らせ、その周囲を一度回らせた。人々は宿営に帰り、夜を宿営で過ごした。12 翌朝ヨシュアは早く起き、祭司たちは主の箱をかき、13 七人の祭司たちは、雄羊の角のラッパ七本を携えて、主の箱に先立ち、絶えず、ラッパを吹き鳴らして進み、武装した者はこれに先立って行き、しんがりは主の箱に従った。ラッパは絶え間なく鳴り響いた。14 その次の日にも、町の周囲を一度巡って宿営に帰った。六日の間そのようにした。15 七日目には、夜明けに、早く起き、同じようにして、町を七度めぐった。町を七度めぐったのはこの日だけであった。16 七度目に、祭司たちがラッパを吹いた時、ヨシュアは民に言った、「呼ばわりなさい。主はこの町をあなたがたに賜わった。 17 この町と、その中のすべてのものは、主への奉納物として滅ぼされなければならない。ただし遊女ラハブと、その家に共におる者はみな生かしておかなければならない。われわれが送った使者たちをかくまったからである。18 また、あなたがたは、奉納物に手を触れてはならない。奉納に当り、その奉納物をみずから取って、イスラエルの宿営を、滅ぼさるべきものとし、それを悩ますことのないためである。19 ただし、銀と金、青銅と鉄の器は、みな主に聖なる物であるから、主の倉に携え入れなければならない」。20 そこで民は呼ばわり、祭司たちはラッパを吹き鳴らした。民はラッパの音を聞くと同時に、みな大声をあげて呼ばわったので、石がきはくずれ落ちた。そこで民はみな、すぐに上って町にはいり、町を攻め取った。


Praise Prepares the Heart
讃美は心を準備させる

James 3:9-12 NIV
[9] With the tongue we praise our Lord and Father, and with it we curse human beings, who have been made in God's likeness. [10] Out of the same mouth come praise and cursing. My brothers and sisters, this should not be. [11] Can both fresh water and salt water flow from the same spring? [12] My brothers and sisters, can a fig tree bear olives, or a grapevine bear figs? Neither can a salt spring produce fresh water.
ヤコブ 3:9-12(ALIVE訳)
9 私たちは、この舌で、ある時は天の父をほめたたえ、またある時は神に似せて創られた人間を呪う。10 分かるか、賛美と呪いが“同じ口”から出ているのだ。兄弟姉妹よ。こんなことは絶対にあってはならない。 11 同じ泉から良い水と悪い水が溢れるか? 12 いちじくの木にオリーブの実がなったり、オリーブの木にいちじくの実がなったりするか?もちろん、ありえない。また、塩水から、真水を汲むことはできない。

Praise is Faith Building
讃美は信仰を建ち上げる

Hebrews 11:1 NIV
[1] Now faith is confidence in what we hope for and assurance about what we do not see.
へブル 11:1(ALIVE訳)
1 信仰とは、願い事が必ずかなえられるという、不動の確信のことだ。
また、どうやって起こるかわからない行く手にも、望みどおりのことが必ず待ち受けていると信じて、疑わないことである。


Praise Is The Language of Heaven
讃美は天国語

Revelation 19:4-6 NIV
[4] The twenty-four elders and the four living creatures fell down and worshiped God, who was seated on the throne. And they cried: “Amen, Hallelujah!” [5] Then a voice came from the throne, saying: “Praise our God, all you his servants, you who fear him, both great and small!” [6] Then I heard what sounded like a great multitude, like the roar of rushing waters and like loud peals of thunder, shouting: “Hallelujah! For our Lord God Almighty reigns.
黙示録 19:4-6(ALIVE訳)
4 すると、24人の長老と4つの生き物は王座にいる神の前にひれ伏した。こう神を讃えた。「アーメン、神様を讃えよ!」5 また、王座からも声がした。「我らの神を讃えよ!神に仕えるすべてのものよ!我らの神を讃えよ!神を心より敬う下の者も上の者も!」6 そのとき私は、ちょうど大群衆の叫び声か、海岸に打ち寄せる大波、あるいは、激しい雷鳴のとどろきのような声を聞いた。「神様を讃えよ!我らの王なる全知全能の神が統べる!


So How Should We Praise God?
じゃあどうやって神様を讃美したらいいのか?

1.Praise Him Because He Is Good
良い神様だから神様を讃美する

Psalm 135:1-3 NIV
[1] Praise the Lord. Praise the name of the Lord; praise him, you servants of the Lord, [2] you who minister in the house of the Lord, in the courts of the house of our God. [3] Praise the Lord, for the Lord is good; sing praise to his name, for that is pleasant.
詩篇 135:1-3 口語訳
1 主をほめたたえよ、主のみ名をほめたたえよ。主のしもべたちよ、ほめたたえよ。 2 主の家に立つ者、われらの神の家の大庭に立つ者よ、3 ほめたたえよ。 主は恵みふかい、主をほめたたえよ。主は情ぶかい、そのみ名をほめ歌え。


2.Praise Him Before and After The Victory
勝利の前にも後にも神様を讃美する

Judges 1:1-2 NLT
[1] After the death of Joshua, the Israelites asked the LORD, "Which tribe should go first to attack the Canaanites?" [2] The LORD answered, "Judah, for I have given them victory over the land."
士師記 1:1-2 口語訳
1 ヨシュアが死んだ後、イスラエルの人々は主に問うて言った、「わたしたちのうち、だれが先に攻め上って、カナンびとと戦いましょうか」。 2 主は言われた、「ユダが上るべきである。わたしはこの国を彼の手にわたした」。


3.Praise Him For His Son
神様の子のことで神様を讃美する

Ephesians 1:6-7 NLT
[6] So we praise God for the glorious grace he has poured out on us who belong to his dear Son. [7] He is so rich in kindness and grace that he purchased our freedom with the blood of his Son and forgave our sins.
エペソ 1:6-7(ALIVE訳)
6 神こそ、いっさいの賞賛を受けるべき存在だ。神の最愛の一人子と繋がった私たちに、神は驚くばかりの恵みと愛を注いでくれたのだ。7 神の一人子の血を流してまで、私たちを自由にし、過ちを帳消しにしてくれるほど、神の愛と恵みは大きいのだ。