2018年 4月

  • Apr 29 2018

    私たちは呼ばれる

    メッセンジャー:
    ジョシュア・オサリバン
    長さ:
    36:51
    We Are Called
    私たちは呼ばれる


    (Ephesians 1:3-4 NKJV) Blessed be the God and Father of our Lord Jesus Christ, who has blessed us with every spiritual blessing in the heavenly places in Christ, (4) just as He chose us in Him before the foundation of the world, that we should be holy and without blame before Him in love,
    (エペソ 1:3-4 新改訳)私たちの主イエス・キリストの父なる神がほめたたえられますように。神はキリストにおいて、天にあるすべての霊的祝福をもって私たちを祝福してくださいました。(4)すなわち、神は私たちを世界の基の置かれる前からキリストのうちに選び、御前で聖く、傷のない者にしようとされました。


    My calling
    自分の使命


    (Isaiah 42:6 NKJV) I, the Lord, have called You in righteousness, And will hold Your hand; I will keep You and give You as a covenant to the people, As a light to the Gentiles,
    (イザヤ 42:6 新改訳)わたし、主は、義をもってあなたを召し、あなたの手を握り、あなたを見守り、あなたを民の契約とし、国々の光とする。


    (called - OT - 800 times and NT - 225 times)
    (呼ばれてる – 旧約聖書 – 800回&新約聖書 – 225回)


    1.God chooses to choose people
    神様は人を選ぶことを選んだ


    a. A King: David's story:
    王:ダビデのストーリー


    (1 Samuel 16:6-13 Voice) When they came, he noticed the eldest son, Eliab.
    Samuel (to himself): Surely this is the one the Eternal One will anoint. Eternal One (to Samuel): (7) Take no notice of his looks or his height. He is not the one, for the Eternal One does not pay attention to what humans value. Humans only care about the external appearance, but the Eternal considers the inner character. (8) Jesse called his son Abinadab and brought him to Samuel. Samuel looked at him. Samuel: The Eternal has not chosen him either. (9) Then Jesse brought his son Shammah in front of Samuel. Samuel: The Eternal has not chosen him either. (10) Jesse walked seven of his sons in front of Samuel, and each time, Samuel refused them because the Eternal One had chosen none of them. Samuel (to Jesse): (11) Are all your sons here?
    Jesse: All but the youngest. He is off keeping the sheep. Samuel: Send for him, and bring him here. We will not sit down until he arrives. (12) Jesse sent for the youngest son, David, and he came in front of Samuel. He was a handsome boy, with a healthy complexion and bright eyes. Eternal One: Rise and anoint him, because this is the one. (13) Then Samuel took the horn filled with olive oil and anointed him in the presence of his brothers, and the Spirit of the Eternal fell strongly on David and remained from that day on. Samuel then left for Ramah.
    (1 サムエル 16:6-13 JCB)彼らが来た時、サムエルはそのうちの一人、エリアブをひと目見るなり、「この人こそ、主がお選びになった人に違いない」と思いました。(7)しかし、主は言いました。「容貌や背の高さで判断してはいけない。彼ではない。わたしの選び方は、あなたの選び方とは違う。人は外見によって判断するが、わたしは心と思いを見るからだ。」(8)次はアビナダブが呼ばれ、サムエルの前に進み出ました。しかし、「主は彼も選んでおられない」とサムエルは言いました。(9)続いてシャマが呼ばれましたが、主からは、「彼もわたしの目にかなわない」という返事しかありませんでした。同様にして、エッサイの七人の息子がサムエルの前に立ちましたが、みな主に選ばれませんでした。(10-11)サムエルはエッサイに言いました。「どうも主は、この息子さんたちのだれをも選んでおられないらしい。もうほかに息子さんはいないのですか。」「いいえ、まだ末の子がおります。今、野で羊の番をしておりますが。」「すぐ呼びにやってください。その子が来るまで、食事は始めませんから。」(12)エッサイはすぐに彼を迎えにやりました。連れて来られたのは、見るからに健康そうで、きれいな目をした少年でした。その時、「この者だ。彼に油を注ぎなさい」と、主の声がありました。(13)サムエルは、その少年ダビデを兄弟たちの真ん中に立たせて、持って来たオリーブ油を取り、彼の頭に注ぎました。すると、主の霊がダビデに下り、その日から彼には卓越した力が与えられたのです。こののち、サムエルはラマへ帰って行きました。


    b. A skilled artist: Bezalel's story
    才能溢れたアーティスト:べツァルエルのストーリー


    (Exodus 31:1-5 Voice) Eternal One: (2) Look, I have a special calling upon one of the sons of Judah. His name is Bezalel (the son of Uri, son of Hur). (3) I have filled him with God's Spirit, gifted him with wisdom, understanding, knowledge, and skills with a variety of crafts. (4) He is an expert designer and works well with gold, silver, and bronze. (5) He is able to cut and set gems, work with wood, and skillfully perform any craft needed to help construct the congregation tent and its furnishings.
    (出エジプト 31:1-5 JCB)主はまた、モーセに告げました。「わたしはユダ族のウリの子で、フルの孫に当たるベツァルエルを選んだ。(3)彼に神の霊を満たし、幕屋とその中にある物いっさいを作るのに必要な、知恵と才能と技術を与えた。(4)彼は、金、銀、青銅の細工を美しくデザインすることができる。(5)また宝石の細工にも、木の彫刻にも熟練した腕を持っている。


    c.12 ordinary guys' story
    12人の普通の男たちのストーリー


    (Luke 6:13 NKJV) And when it was day, He called His disciples to Himself; and from them He chose twelve whom He also named apostles:
    (ルカ 6:13 新改訳)夜明けになって、弟子たちを呼び寄せ、その中から十二人を選び、彼らに使徒という名をつけられた。
    d. Our story:
    私たちのストーリー:


    (John 15:16 NIV) You did not choose me, but I chose you and appointed you so that you might go and bear fruit—fruit that will last—and so that whatever you ask in my name the Father will give you.
    (ヨハネ 15:16 JCB)あなたがたがわたしを選んだのではありません。わたしがあなたがたを選んだのです。そして任命しました。だから、あなたがたは行って、いつまでも残るすばらしい実を結びます。また、わたしの名前によって父に求めるものは、何でもいただけるのです。


    (1 Corinthians 1:26-31 NET) Think about the circumstances of your call, brothers and sisters. Not many were wise by human standards, not many were powerful, not many were born to a privileged position. (27) But God chose what the world thinks foolish to shame the wise, and God chose what the world thinks weak to shame the strong. (28) God chose what is low and despised in the world, what is regarded as nothing, to set aside what is regarded as something, (29) so that no one can boast in his presence. (30) He is the reason you have a relationship with Christ Jesus, who became for us wisdom from God, and righteousness and sanctification and redemption, (31) so that, as it is written, "Let the one who boasts, boast in the Lord."
    (1 コリント 1:26-31 ALIVE訳)教会のみんな。神があなたを選んだときに自分が置かれていた環境やその時の自分という人間をよく考えてみてほしい。神に選ばれる前は、世の中から見て賢い人、著名人、または、貴族生まれの者は教会にほとんどいないだろう。(27)それどころか、神は、この世では愚か者だと思われている人を、わざわざ選んだ。それは、この世で知恵ある人を辱はずかしめるためなのだ。神はこの世の強いものに恥ずかしい思いをさせるため、弱い者を選んだのだ。 (28)神は、世の中が重要視しないもの、すなわち見下され、無価値とされるようなものを選ぶのだ。それもすべては、世の中にある大切なものの概念を崩し、無価値を有価にするために。(29)だから、どこのだれであっても、神の前で自慢できることはない。(30)というのは、みなさんをイエス・キリストに繋げたのは神であり、キリストが私たちに与えられた神からの知恵となったのだ。 イエスのおかげで、神に認められ特別な者とされ、罪から解放されたのだ。(31)聖書にあるとおりだ。 "誰であろうと誇りたければ神様を誇れ"


    2.Q&A: Why does God choose??? …He is God, that's why!
    質問:なんで神様は選ぶの?神様だから!それだけ!


    (Romans 9:15-16 NIV) For he says to Moses, "I will have mercy on whom I have mercy, and I will have compassion on whom I have compassion." (16) It does not, therefore, depend on human desire or effort, but on God's mercy.
    (ローマ 9:15-16 JCB)神はモーセにこう言われました。「わたしは、恵もうと思う者を恵み、あわれもうと思う者をあわれむ。」(出エジプト33・19)(16)したがって、神の祝福は、だれかがそれを得ようと決心したからとか、そのために努力したからといって与えられるものではありません。それは、神のあわれみによって与えられるものなのです。


    (Romans 9:20-21 NIV) But who are you, a human being, to talk back to God? "Shall what is formed say to the one who formed it, 'Why did you make me like this?'" (21) Does not the potter have the right to make out of the same lump of clay some pottery for special purposes and some for common use?
    (ローマ 9:20-21 JCB)そんなことを言ってはなりません。神を非難するあなたは、いったい何者なのですか。造られた者が造った者に、「なぜ私をこのように造ったのですか」などと言ってよいでしょうか。(21)ある人が粘土でつぼを作る時、その人は同じ粘土のかたまりを、一つは美しい花びんに、もう一つはふだん使いの容器に作り上げる権利を持っていないでしょうか。一つは美しい花びんに、もう一つはふだん使いの容器に作り上げる権利を持っていないでしょうか。


    3.What should we do?
    私たちはどうすればいいの?


    (Romans 12:1-2 NIV) Therefore, I urge you, brothers and sisters, in view of God's mercy, to offer your bodies as a living sacrifice, holy and pleasing to God—this is your true and proper worship. (2) Do not conform to the pattern of this world, but be transformed by the renewing of your mind. Then you will be able to test and approve what God's will is—his good, pleasing and perfect will.
    (ローマ 12:1-2 JCB)愛する皆さん。そういうわけですから、あなたがたにお願いします。あなたがたの体を、神に喜んでいただける、生きた、きよい供え物としてささげてください。それが神への礼拝となるのです。(2)この世の人々の生活や考え方をまねてはいけません。むしろ、神に喜ばれることは何かを思いながら、なすこと考えることすべての面で生き生きとした、全く新しい人となりなさい。


    -Say yes to God's call
    神様の使命に応答する

    -Change your thinking
    考えを変える

    -Know his Will and do it
    神様の思いを知り、行動する
  • Jesus - Lord Over Sickness and Evil In our Lives 
    全ての病や悪に勝る王イエス
    Jesus is the healer イエスは癒し主
    (1500 years before Jesus - ‘Jehovah Rapha’) (イエスが来る1500年前 – ジェホバ・ラファ)
    (Exodus 15:26 NKJV) and said, “If you diligently heed the voice of the Lord your God and do what is right in His sight, give ear to His commandments and keep all His statutes, I will put none of the diseases on you which I have brought on the Egyptians. For I am the Lord who heals you.”
    (出エジプト 15:26 新改訳)そして、仰せられた。「もし、あなたがあなたの神、主の声に確かに聞き従い、主が正しいと見られることを行ない、またその命令に耳を傾け、そのおきてをことごとく守るなら、わたしはエジプトに下したような病気を何一つあなたの上に下さない。わたしは主、あなたをいやす者である。」
    Matthew 8 - Our healing foretold マタイ 8 – 私たちの癒しが予告されている
    “I desire it, be cleansed” 「わたしの心だ。きよくなれ。」
    (Matthew 8:3 NKJV) Then Jesus put out His hand and touched him, saying, “I am willing; be cleansed.” Immediately his leprosy was cleansed.
    (マタイ 8:3 新改訳)イエスは手を伸ばして、彼にさわり、「わたしの心だ。きよくなれ。」と言われた。すると、すぐに彼のらい病はきよめられた。
    “I will come and heal him” 「行って、直してあげよう。」
    (Matthew 8:7 NKJV) And Jesus said to him, “I will come and heal him.”
    (マタイ 8:7 新改訳)イエスは彼に言われた。「行って、直してあげよう。」
    “as you have believed, let it be done for you!” 「あなたの信じたとおりになるように。」
    (Matthew 8:13 NKJV) Then Jesus said to the centurion, “Go your way; and as you have believed, so let it be done for you.” And his servant was healed that same hour.
    (マタイ 8:13 新改訳)それから、イエスは百人隊長に言われた。「さあ行きなさい。あなたの信じたとおりになるように。」すると、ちょうどその時、そのしもべはいやされた。
    Jesus took our internal pain and our sicknesses イエスは私たちの内側の痛みや病も取ってくれた
    (Matthew 8:16-17 NKJV) When evening had come, they brought to Him many who were demon-possessed. And He cast out the spirits with a word, and healed all who were sick, (17) that it might be fulfilled which was spoken by Isaiah the prophet, saying: “He Himself took our infirmities And bore our sicknesses.”
    (マタイ 8:16-17 新改訳)夕方になると、人々は悪霊につかれた者を大ぜい、みもとに連れて来た。そこで、イエスはみことばをもって霊どもを追い出し、また病気の人々をみなお直しになった。(17)これは、預言者イザヤを通して言われた事が成就するためであった。「彼が私たちのわずらいを身に引き受け、私たちの病を背負った。」
    600 years before Jesus イエスが来る600年前
    (Isaiah 53:4-5 NKJV) Surely He has borne our griefs And carried our sorrows; Yet we esteemed Him stricken, Smitten by God, and afflicted. (5) But He was wounded for our transgressions, He was bruised for our iniquities; The chastisement for our peace was upon Him, And by His stripes we are healed.
    (イザヤ 53:4-5 新改訳)まことに、彼は私たちの病を負い、私たちの痛みをになった。だが、私たちは思った。彼は罰せられ、神に打たれ、苦しめられたのだと。(5)しかし、彼は、私たちのそむきの罪のために刺し通され、私たちの咎のために砕かれた。彼への懲らしめが私たちに平安をもたらし、彼の打ち傷によって、私たちはいやされた。

    Question: What are ‘the stripes’? 質問:打ち傷とは?
    Answer: The day of the cross 2 things happened. 答え:十字架にかかった日、2つのことが起きた
    1.The whipping (the stripes) むち打ち(打ち傷)
    (John 19:1-4 NKJV) So then Pilate took Jesus and scourged Him. (2) And the soldiers twisted a crown of thorns and put it on His head, and they put on Him a purple robe. (3) Then they said, “Hail, King of the Jews!” And they struck Him with their hands. (4) Pilate then went out again, and said to them, “Behold, I am bringing Him out to you, that you may know that I find no fault in Him.”
    (ヨハネ 19:1-4 新改訳)そこで、ピラトはイエスを捕えて、むち打ちにした。(2)また、兵士たちは、いばらで冠を編んで、イエスの頭にかぶらせ、紫色の着物を着せた。(3)彼らは、イエスに近寄っては、「ユダヤ人の王さま。ばんざい。」と言い、またイエスの顔を平手で打った。(4)ピラトは、もう一度外に出て来て、彼らに言った。「よく聞きなさい。あなたがたのところにあの人を連れ出して来ます。あの人に何の罪も見られないということを、あなたがたに知らせるためです。」
    2.The cross 十字架
    (John 19: 13-16 NKJV) When Pilate therefore heard that saying, he brought Jesus out and sat down in the judgment seat in a place that is called The Pavement, but in Hebrew, Gabbatha. (14) Now it was the Preparation Day of the Passover, and about the sixth hour. And he said to the Jews, “Behold your King!” (15) But they cried out, “Away with Him, away with Him! Crucify Him!” Pilate said to them, “Shall I crucify your King?” The chief priests answered, “We have no king but Caesar!” (16) Then he delivered Him to them to be crucified. So they took Jesus and led Him away.
    (ヨハネ 19:13-16 新改訳)そこでピラトは、これらのことばを聞いたとき、イエスを外に引き出し、敷石(ヘブル語でガバタ)と呼ばれる場所で、裁判の席に着いた。(14)その日は過越の備え日で、時は六時ごろであった。ピラトはユダヤ人たちに言った。「さあ、あなたがたの王です。」(15)彼らは激しく叫んだ。「除け。除け。十字架につけろ。」ピラトは彼らに言った。「あなたがたの王を私が十字架につけるのですか。」祭司長たちは答えた。「カイザルのほかには、私たちに王はありません。」 (16)そこでピラトは、そのとき、イエスを、十字架につけるため彼らに引き渡した。
    So…Let’s celebrate The Lord’s Supper and thank Jesus for healing 聖餐式を祝い、イエスに癒しを感謝しましょう
    (1 Corinthians 11:23-30 NKJV) For I received from the Lord that which I also delivered to you: that the Lord Jesus on the same night in which He was betrayed took bread; (24) and when He had given thanks, He broke it and said, “Take, eat; this is My body which is broken for you; do this in remembrance of Me.” (25) In the same manner He also took the cup after supper, saying, “This cup is the new covenant in My blood. This do, as often as you drink it, in remembrance of Me.” (26) For as often as you eat this bread and drink this cup, you proclaim the Lord’s death till He comes. (27) Therefore whoever eats this bread or drinks this cup of the Lord in an unworthy manner will be guilty of the body and blood of the Lord. (28) But let a man examine himself, and so let him eat of the bread and drink of the cup. (29) For he who eats and drinks in an unworthy manner eats and drinks judgment to himself, not discerning the Lord’s body. (30) For this reason many are weak and sick among you, and many sleep.
    (1 コリント 11:23-30 新改訳)私は主から受けたことを、あなたがたに伝えたのです。すなわち、主イエスは、渡される夜、パンを取り、(24)感謝をささげて後、それを裂き、こう言われました。「これはあなたがたのための、わたしのからだです。わたしを覚えて、これを行ないなさい。」(25)夕食の後、杯をも同じようにして言われました。「この杯は、わたしの血による新しい契約です。これを飲むたびに、わたしを覚えて、これを行ないなさい。」(26)ですから、あなたがたは、このパンを食べ、この杯を飲むたびに、主が来られるまで、主の死を告げ知らせるのです。(27)したがって、もし、ふさわしくないままでパンを食べ、主の杯を飲む者があれば、主のからだと血に対して罪を犯すことになります。(28)ですから、ひとりひとりが自分を吟味して、そのうえでパンを食べ、杯を飲みなさい。(29)みからだをわきまえないで、飲み食いするならば、その飲み食いが自分をさばくことになります。(30)そのために、あなたがたの中に、弱い者や病人が多くなり、死んだ者が大ぜいいます。