2016年 11月

  • Nov 13 2016

    イエス:わたしの心だ

    メッセンジャー:
    ジョシュア・オサリバン
    長さ:
    34:00
    Jesus: ‘I Am Willing’
    (Luke 5:12-15) While Jesus was in one of the towns, a man came along who was covered with leprosy. When he saw Jesus, he fell with his face to the ground and begged him, “Lord, if you are willing, you can make me clean.” (13) Jesus reached out his hand and touched the man. “I am willing,” he said. “Be clean!” And immediately the leprosy left him. (14) Then Jesus ordered him, “Donʼt tell anyone, but go, show yourself to the priest and offer the sacrifices that Moses commanded for your cleansing, as a testimony to them.” (15) Yet the news about him spread all the more, so that crowds of people came to hear him and to be healed of their sicknesses.
    God Can Heal
    (Psalm 8:3) When I consider your heavens, the work of your fingers, the moon and the stars, which you have set in place..
    (Psalm 139:13-16) For you created my inmost being; you knit me together in my motherʼs womb. (14) I praise you because I am fearfully and wonderfully made; your works are wonderful, I know that full well. (15) My frame was not hidden from you when I was made in the secret place, when I was woven together in the depths of the earth. (16) Your eyes saw my unformed body; all the days ordained for me were written in your book before one of them came to be.
    (Jeremiah 32:17) Ah, Sovereign Lord, you have made the heavens and the earth by your great power and outstretched arm. Nothing is too hard for you.

    2.God Desires To Heal
    (2 words) ‘thelo’ + ‘katharistheti’

    3.Aftercare
    ‘Go to the doctor and get a clear bill of health.‘

    4.Listen (really listen) and be healed
    Lifegroup Questions and Prayer
    Can Jesus heal you?
    Does Jesus want to heal you?
    Let’s pray for healing.

    ----


    イエス:わたしの心だ
    (ルカ5:12-15)さて、イエスがある町におられたとき、全身らい病の人がいた。イエスを見ると、ひれ伏してお願いした。「主よ。お心一つで、私はきよくしていただけます。」(13)イエスは手を伸ばして、彼にさわり、「わたしの心だ。きよくなれ。」と言われた。すると、すぐに、そのらい病が消えた。(14)イエスは、彼にこう命じられた。「だれにも話してはいけない。ただ祭司のところに行って、自分を見せなさい。そして人々へのあかしのため、モーセが命じたように、あなたのきよめの供え物をしなさい。」(15)しかし、イエスのうわさは、ますます広まり、多くの人の群れが、話を聞きに、また、病気を直してもらいに集まって来た。

    神様は癒すことが出来る
    (詩篇 8:3)あなたの指のわざである天を見、あなたが整えられた月や星を見ますのに..
    (詩篇 139:13-16)それはあなたが私の内臓を造り、母の胎のうちで私を組み立てられたからです。(14)私は感謝します。あなたは私に、奇しいことをなさって恐ろしいほどです。私のたましいは、それをよく知っています。(15)私がひそかに造られ、地の深い所で仕組まれたとき、私の骨組みはあなたに隠れてはいませんでした。(16)あなたの目は胎児の私を見られ、あなたの書物にすべてが、書きしるされました。私のために作られた日々が、しかも、その一日もないうちに。
    (エレミヤ 32:17)ああ、神、主よ。まことに、あなたは大きな力と、伸ばした御腕とをもって天と地を造られました。あなたには何一つできないことはありません。

    2.神様は癒したいと想っている

    3.アフターケア
    医者に行き、健康に異常がないことを確かめてもらって。

    4.聞いて(耳を澄まして)癒される

    ライフグループの質問と祈り
    イエスはあなたのことを癒せる?
    イエスはあなたのことを癒したいと想ってる?
    癒しのために祈りましょう。
  • What sort of family did jesus have?
    -A family just like us
    (Matthew 13:54-56) Coming to his hometown, he began teaching the people in their synagogue, and they were amazed. “Where did this man get this wisdom and these miraculous powers?” they asked. (55) “Isn’t this the carpenter’s son? Isn’t his mother’s name Mary, and aren’t his brothers James, Joseph, Simon and Judas? (56) Aren’t all his sisters with us? Where then did this man get all these things?”
    A family of:
    -faith
    -love
    -poverty and wealth
    -trials and sorrows
    -supernatural dreams, visions, miracles, resurrection
    -joy and celebration

    1.His birth
    -Faith, love, poverty
    (Luke 2:4-7) So Joseph also went up from the town of Nazareth in Galilee to Judea, to Bethlehem the town of David, because he belonged to the house and line of David. (5) He went there to register with Mary, who was pledged to be married to him and was expecting a child. (6) While they were there, the time came for the baby to be born, (7) and she gave birth to her firstborn, a son. She wrapped him in cloths and placed him in a manger, because there was no guest room available for them.
    -Supernatural
    (Luke 2:10-14) But the angel said to them, “Do not be afraid. I bring you good news that will cause great joy for all the people. (11) Today in the town of David a Savior has been born to you; he is the Messiah, the Lord. (12) This will be a sign to you: You will find a baby wrapped in cloths and lying in a manger.” (13) Suddenly a great company of the heavenly host appeared with the angel, praising God and saying, (14) “Glory to God in the highest heaven, and on earth peace to those on whom his favor rests.”
    -Faith
    (Luke 2:19) But Mary treasured up all these things and pondered them in her heart.

    2.Jesus: Age 12
    -Faith
    (Luke 2:41-42) Every year Jesus’ parents went to Jerusalem for the Festival of the Passover. (42) When he was twelve years old, they went up to the festival, according to the custom.
    -Faith
    (Luke 2:46-50) After three days they found him in the temple courts, sitting among the teachers, listening to them and asking them questions. (47) Everyone who heard him was amazed at his understanding and his answers. (48) When his parents saw him, they were astonished. His mother said to him, “Son, why have you treated us like this? Your father and I have been anxiously searching for you.” (49) “Why were you searching for me?” he asked. “Didn’t you know I had to be in my Father’s house?” (50) But they did not understand what he was saying to them.

    3.Jesus: Age 30 – the first miracle
    (Luke 3:23) Now Jesus himself was about thirty years old when he began his ministry. He was the son, so it was thought, of Joseph,the son of Heli.
    -Genealogy of Jesus (75 names) – including Joseph (his father), King David, Judah, Jacob, Isaac, Abraham, Noah, Adam.

    (John 2:1-2) On the third day a wedding took place at Cana in Galilee. Jesus’ mother was there, (2) and Jesus and his disciples had also been invited to the wedding.
    -Wedding – joy

    4.The crucifixion and resurrection
    (John 19:25-27) Near the cross of Jesus stood his mother, his mother’s sister, Mary the wife of Clopas, and Mary Magdalene. (26) When Jesus saw his mother there, and the disciple whom he loved standing nearby, he said to her, “Woman, here is your son,” (27) and to the disciple, “Here is your mother.” From that time on, this disciple took her into his home.
    (Acts 1:14) They all joined together constantly in prayer, along with the women and Mary the mother of Jesus, and with his brothers.
    -James becomes leader of Jerusalem church (and writer of Book of James)
    -Judas becomes leader (and writes Book of Jude)
    Finally : Jesus can relate to our needs and helps us always!
    (Hebrews 4:15) For we do not have a high priest who is unable to empathize with our weaknesses, but we have one who has been tempted in every way, just as we are—yet he did not sin.

    Lifegroup Questions and Prayer
    1.How does this message impact you?
    2.How is church important to you as the family of God?
    3.Let’s pray to love Jesus more and know he helps us everyday.

    ----


    イエスの家族ってどんな家族だった?
    –私たちの家族と同じ
    (マタイ13:54-56)それから、ご自分の郷里に行って、会堂で人々を教え始められた。すると、彼らは驚いて言った。「この人は、こんな知恵と不思議な力をどこで得たのでしょう。(55)この人は大工の息子ではありませんか。彼の母親はマリヤで、彼の兄弟は、ヤコブ、ヨセフ、シモン、ユダではありませんか。(56)妹たちもみな私たちといっしょにいるではありませんか。とすると、いったいこの人は、これらのものをどこから得たのでしょう。」
    家族には:
    –信仰
    – 愛
    –貧困と富
    –試練と悲しみ
    –超自然的な夢、ビジョン、奇跡、復活
    –喜びとお祝い

    1.誕生
    –信仰、愛、貧しさ
    (ルカ2:4-7)ヨセフもガリラヤの町ナザレから、ユダヤのベツレヘムというダビデの町へ上って行った。彼は、ダビデの家系であり血筋でもあったので、(5)身重になっているいいなずけの妻マリヤもいっしょに登録するためであった。(6)ところが、彼らがそこにいる間に、マリヤは月が満ちて、(7)男子の初子を産んだ。それで、布にくるんで、飼葉おけに寝かせた。宿屋には彼らのいる場所がなかったからである。
    – 超自然的
    (ルカ2:10-14)御使いは彼らに言った。「恐れることはありません。今、私はこの民全体のためのすばらしい喜びを知らせに来たのです。(11)きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。」(12)あなたがたは、布にくるまって飼葉おけに寝ておられるみどりごを見つけます。これが、あなたがたのためのしるしです。」(13)すると、たちまち、その御使いといっしょに、多くの天の軍勢が現われて、神を賛美して言った。(14)「いと高き所に、栄光が、神にあるように。地の上に、平和が、御心にかなう人々にあるように。」
    –信仰
    (ルカ2:19)しかしマリヤは、これらのことをすべて心に納めて、思いを巡らしていた。

    2.イエス:12歳
    –信仰
    (ルカ2:41-42)さて、イエスの両親は、過越の祭りには毎年エルサレムに行った。
    –信仰
    (ルカ2:46-50)そしてようやく三日の後に、イエスが宮で教師たちの真中にすわって、話を聞いたり質問したりしておられるのを見つけた。(47)聞いていた人々はみな、イエスの知恵と答えに驚いていた。(48)両親は彼を見て驚き、母は言った。「まあ、あなたはなぜ私たちにこんなことをしたのです。見なさい。父上も私も、心配してあなたを捜し回っていたのです。」(49)するとイエスは両親に言われた。「どうしてわたしをお捜しになったのですか。わたしが必ず自分の父の家にいることを、ご存じなかったのですか。」(50)しかし両親には、イエスの話されたことばの意味がわからなかった。

    3.イエス:30歳 – 最初の奇跡
    (ルカ3:23)教えを始められたとき、イエスはおよそ三十歳で、人々からヨセフの子と思われていた。このヨセフは、ヘリの子、順次さかのぼって..
    –イエスの家系図(75人の名前)–ヨセフ(お父さん)、ダビデ王、ユダ、ヤコブ、イサク、アブラハム、ノア、アダムを含む
    (ヨハネ2:1-2)それから三日目に、ガリラヤのカナで婚礼があって、そこにイエスの母がいた。(2)イエスも、また弟子たちも、その婚礼に招かれた。
    –結婚式—喜び

    4.十字架と復活
    (ヨハネ19:25-27)兵士たちはこのようなことをしたが、イエスの十字架のそばには、イエスの母と母の姉妹と、クロパの妻のマリヤとマグダラのマリヤが立っていた。(26)イエスは、母と、そばに立っている愛する弟子とを見て、母に「女の方。そこに、あなたの息子がいます。」と言われた。(27)それからその弟子に「そこに、あなたの母がいます。」と言われた。その時から、この弟子は彼女を自分の家に引き取った。
    (使徒1:14)この人たちは、婦人たちやイエスの母マリヤ、およびイエスの兄弟たちとともに、みな心を合わせ、祈りに専念していた。
    –ヤコブはエルサレムの教会のリーダーになった(ヤコブの手紙の筆者)
    –ユダはリーダーになった(ユダの手紙の筆者)
    最後に:イエスはいつも私たちのニーズをわかることができ、助けることができる!
    (ヘブル4:15)私たちの大祭司は、私たちの弱さに同情できない方ではありません。罪は犯されませんでしたが、すべての点で、私たちと同じように、試みに会われたのです。

    ライフグループの質問と祈り
    1. このメッセージを通してあなたはどんなインパクトを受けましたか?
    2.神様の家族としてチャーチはあなたにとってどのように大切?
    3.日々イエスをもっと愛し、助けてくれることを信じて祈ろう。
  • Nov 13 2016

    Don't let your joy be taken away!

    メッセンジャー:
    鈴木 秀行
    長さ:
    34:20
    喜びを奪われない!
    Don't let your joy be taken away!

    (創世記3:1-5 JLB) /(Genesis 3:1-5)
    さて、神様が造ったものの中で、蛇が一番ずる賢い動物でした。蛇は女に、ことば巧みに話をもちかけました。「ほんとうにそのとおりなんですかねえ?いえね、ほかでもない、園の果物はどれも食べちゃいけないって話ですよ。なんでも神様は、これっぽっちも食べちゃいけないと言ったっていうじゃないですか。」2-3「そんなことないわ。食べるのはちっともかまわないのよ。ただね、園の中央にある木の実だけは、食べちゃいけないの。そればかりか、さわってもいけないんですって。さもないと、死んでしまうって、神様がおっしゃったわ。」4「へえーっ、でも、そいつは嘘っぱちですぜ。死ぬだなんて、でたらめもいいところだ。5神様も意地が悪いね。その実を食べたら、善と悪の見わけがつき、神様のようになっちまうã
    ��んだ
    から、脅しをかけるなんてさ。」
    1「Now the serpent was more crafty than any of the wild animals the Lord God had made. He said to the woman, “Did God really say, ‘You must not eat from any tree in the garden’?” 2The woman said to the serpent, “We may eat fruit from the trees in the garden, 3but God did say, 4‘You must not eat fruit from the tree that is in the middle of the garden, and you must not touch it, or you will die.’ ” “You will not certainly die,” the serpent said to the woman. 5“For God knows that when you eat from it your eyes will be opened, and you will be like God, knowing good and evil.”」

    ‭‭


    1.喜びを無くしかけているサイン
    A sign that you may be losing your joy

    -大きな祝福より小さな問題に心捕らわれる
    - your heart focuses on small problems rather than big blessings

    -恵みよりも自分の頑張りに頼る
    - you depend on your work and efforts rather than grace

    (創世記3:7JLB) はっと気がついたら、二人とも裸ではありませんか。急に恥ずかしくてたまらなくなりました。何とかしなければなりません。間に合わせに、いちじくの葉をつなぎ合わせ、腰の回りをおおいました。
    「Then the eyes of both of them were opened, and they realized they were naked; so they sewed fig leaves together and made coverings for themselves.」
    ‭‭Genesis‬ ‭3:7‬ ‭NIV‬‬

    -神様の喜びを持っている人たちから遠ざかりたい
    - you want to be away from the people who have joy from God

    (創世記3:8JLB) その日の夕方のことです。神様が園の中を歩いておられる気配がしたので、二人はあわてて木陰に隠れました。
    「Then the man and his wife heard the sound of the Lord God as he was walking in the garden in the cool of the day, and they hid from the Lord God among the trees of the garden.」
    ‭‭Genesis‬ ‭3:8‬ ‭NIV‬‬

    2.喜びを奪われないために
    What can we do to protect our joy?

    A.神様の約束に心を注ぐ
    Pour our hearts to God's promise

    2コリント 4:18(ALIVE訳)/2 Corinthians 4:18 VOICE
    だから私たちは、いま見えるもの、すなわち、身の回りの苦しみには目をとめない。むしろ、今は見えない天にある財宝を望み見るのだ。見えるものは、はかなく消え、見えないものは永遠に続く!

    18 So we do not set our sights on the things we can see with our eyes. All of that is fleeting; it will eventually fade away. Instead, we focus on the things we cannot see, which live on and on.


    B.喜ぶものと喜ぶ
    Be joyful with joyful people

    ローマ 12:15(ALIVE訳)/Romans 12:15 VOICE
    だれかが幸せな思いで喜んでいる時には、いっしょに喜んであげなさい。
    悲しんでいる人がいたら、いっしょに悲しんであげなさい。
    If some have cause to celebrate, join in the celebration. And if others are weeping, join in that as well.

    へブル 10:25(ALIVE訳)/Hebrews 10:25 VOICE
    教会を離れる人に習わず、教会に集い続けるのだ!この世の終わりが近づけば近づくほど、互いの励ましが必要となるからだ!
    25 not forgetting to gather as a community, as some have forgotten, but encouraging each other, especially as the day of His return approaches.

    C.神様に委ねる
    Depend on God

    エペソ 4:26-27(ALIVE訳)/Ephesians 4:26-27
    腹を立てることがあっても、恨みをいだいて過ちを犯してはダメだ。日が沈んだあとも怒ったままでいてはいけない——【聖書:詩篇4:4より引用】
    26 When you are angry, don’t let it carry you into sin.[a] Don’t let the sun set with anger in your heart or 27 give the devil room to work.
  • Walk To ‘The Other Side Of The Road’ (The Parable of the Good Samaritan)
    「道の反対側まで」歩こう(良いサマリア人のストーリー)

    (Luke 10:29) But he wanted to justify himself, so he asked Jesus, “And who is my neighbor?”
    (ルカ10:29)しかし彼は、自分の正しさを示そうとしてイエスに言った。「では、私の隣人とは、だれのことですか。」

    Q:Who is my neighbour?
    -Jesus: surprising parable …
    -A man robbed
    Q:私の隣人って誰?
    –イエス:驚くようなストーリー
    – 男が強盗に襲われた

    (Luke 10:30) In reply Jesus said: “A man was going down from Jerusalem to Jericho, when he was attacked by robbers. They stripped him of his clothes, beat him and went away, leaving him half dead.
    (ルカ 10:30)イエスは答えて言われた。「ある人が、エルサレムからエリコへ下る道で、強盗に襲われた。強盗どもは、その人の着物をはぎ取り、なぐりつけ、半殺しにして逃げて行った。

    (John 10:10) The thief comes only to steal and kill and destroy; I have come that they may have life, and have it to the full.
    ヨハネ 10:10)盗人が来るのは、ただ盗んだり、殺したり、滅ぼしたりするだけのためです。わたしが来たのは、羊がいのちを得、またそれを豊かに持つためです。

    -Luckily 3 men come past at that time …
    A Priest Happened To Be Going Down… (Crowd’s Response : Yay! Yes! … Oh No!)
    –幸運なことに3人の男が通り過ぎた
    祭司がたまたま道を下ってきた…(群衆の反応:やったー!…え、そんな、オーノー!)

    (Luke 10:31) A priest happened to be going down the same road, and when he saw the man, he passed by on the other side.
    (ルカ10:31)たまたま、祭司がひとり、その道を下って来たが、彼を見ると、反対側を通り過ぎて行った。

    -would not cross to the other side of the road
    –道の反対側には行こうとしなかった

    So too a Levite …. (crowd’s response: yay! Yes! …. Oh no!)
    レビ人も同じように…(群衆の反応:やったー!…え、そんな、オーノー!)

    (Luke 10:32) So too, a Levite, when he came to the place and saw him, passed by on the other side.
    (ルカ 10:32)同じようにレビ人も、その場所に来て彼を見ると、反対側を通り過ぎて行った。

    -would not cross to the other side of the road
    –道の反対側には行こうとしなかった

    3.…But a Samaritan (crowd’s response no! no! ….Oh I get it!)
    でもサマリヤ人は…(群衆の反応:どうしよう!どうしよう!…あ〜なるほど!)

    (Luke 10:33-35) But a Samaritan, as he traveled, came where the man was; and when he saw him, he took pity on him. (34) He went to him and bandaged his wounds, pouring on oil and wine. Then he put the man on his own donkey, brought him to an inn and took care of him. (35) The next day he took out two denariiand gave them to the innkeeper. ‘Look after him,’ he said, ‘and when I return, I will reimburse you for any extra expense you may have.’
    (ルカ10:33-35)ところが、あるサマリヤ人が、旅の途中、そこに来合わせ、彼を見てかわいそうに思い、(34)近寄って傷にオリーブ油とぶどう酒を注いで、ほうたいをし、自分の家畜に乗せて宿屋に連れて行き、介抱してやった。(35)次の日、彼はデナリ二つを取り出し、宿屋の主人に渡して言った。『介抱してあげてください。もっと費用がかかったら、私が帰りに払います。』

    -“guts feeler’
    –直感で動く人

    -‘road-crosser’
    -Generous-giver

    – 道を渡る人
    –寛大に与える人

    Jesus question:
    (Luke 10:36-37) “Which of these three do you think was a neighbor to the man who fell into the hands of robbers?” (37) The expert in the law replied, “The one who had mercy on him.” Jesus told him, “Go and do likewise.”
    イエスの質問:
    (ルカ10:36-37)この三人の中でだれが、強盗に襲われた者の隣人になったと思いますか。」(37)彼は言った。「その人にあわれみをかけてやった人です。」するとイエスは言われた。「あなたも行って同じようにしなさい。」

    -“Which was the neighbour?” …“Go and do likewise.”
    (Proverbs 11:24 MSG) The world of the generous gets larger and larger; the world of the stingy gets smaller and smaller.
    – 隣人は誰?…「行って同じようにしなさい。」
    (箴言 11:24 MSGからの直訳)寛大な人の世界はどんどん大きく広がっていくが、ケチな人の世界はどんどん小さくなっていく。

    India – Tejas
    Uganda – Watoto
    Tokyo – acts of kindness and generosity. (Have fun!)
    インド – テジャス
    ウガンダ – ワトト
    東京 – 優しい行動と寛大さ(楽しむ!)

    Lifegroup Questions and Prayer
    ライフグループの質問と祈り

    1. Are you willing to be used by God in time or generosity?
    寛大になるニーズがあるとき神様に使われる準備はできていますか?

    2.Are we looking for opportunities to give something?
    何かを与える機会を探していますか?
    3.Let’s pray. 祈ろう!