2014年 12月

  • ‘Church – I Love It!’ (4 Great attitudes towards the Church)

    1. ‘I Love the Church’
    (Psalm 26:8) I love the house where you live, O LORD, the place where your glory dwells.

    (Psalm 16:11) You have made known to me the path of life; you will fill me with joy in your presence, with eternal pleasures at your right hand.

    2. ‘I will be planted in the Church’
    (Psalm 23:6) Surely goodness and love will follow me all the days of my life, and I will dwell in the house of the LORD forever.

    (Psalm 92:13) planted in the house of the LORD, they will flourish in the courts of our God.

    3. ‘I am going to Flourish in The Church’ (overflowing with good things)
    -I will receive good things in the Church.
    (Psalm 65:4) Blessed are those you choose and bring near to live in your courts! We are filled with the good things of your house, of your holy temple.

    4. ‘I want to go to church!’
    (Psalm 122:1) I rejoiced with those who said to me, “Let us go to the house of the LORD.”

    Life Group Questions and Prayer
    1. Do you love the church? Why?
    2. Are you flourishing in the church?
    3. Let’s pray!



    「教会が大好き!」(教会に対する4つの素晴らしい態度)

    1. 「この教会が大好き」

    (詩篇 26:8) 主よ。私は、あなたのおられる家と、あなたの栄光の住まう所を愛します。
    (詩篇 16:11) あなたは私に、いのちの道を知らせてくださいます。あなたの御前には喜びが満ち、あなたの右には、楽し みがとこしえにあります。

    2.「この教会に根付こう」
    (詩篇 23:6) まことに、私のいのちの日の限り、いつくしみと恵みとが、私を追って来るでしょう。私は、いつまでも、主の 家に住まいましょう。

    (詩篇 92:13) 彼らは、主の家に植えられ、私たちの神の大庭で栄えます。
    - 教会から良いものを受け取ろう。

    (詩篇 65:4) 幸いなことよ。あなたが選び、近寄せられた人、あなたの大庭に住むその人は。私たちは、あなたの家、あな たの聖なる宮の良いもので満ち足りるでしょう。

    3.「この教会で成長していこう」(良いものが溢れ出している)

    4.「教会に行きたい!」
    (詩篇 122:1) 人々が私に、「さあ、主の家に行こう。」と言ったとき、私は喜んだ。

    ライフグループでの質問と祈り
    1. あなたは教会が大好きですか?なぜ?
    2. あなたは教会で満たされ、成長していますか?
    3. 祈りましょう!
  • Joseph Over Every Wall

    (Genesis 49:22) “Joseph is a fruitful vine, a fruitful vine near a spring, whose branches climb over a wall.

    1. A fruitful branch

    (Genesis 37:5-8) Joseph had a dream, and when he told it to his brothers, they hated him all the more. (6) He said to them, “Listen to this dream I had: (7) We were binding sheaves of grain out in the field when suddenly my sheaf rose and stood upright, while your sheaves gathered around mine and bowed down to it.” (8) His brothers said to him, “Do you intend to reign over us? Will you actually rule us?” And they hated him all the more because of his dream and what he had said.

    2. Always close to God

    (Genesis 39:2-8) The Lord was with Joseph so that he prospered, and he lived in the house of his Egyptian master. (3) When his master saw that the Lord was with him and that the Lord gave him success in everything he did, (4) Joseph found favor in his eyes and became his attendant. Potiphar put him in charge of his household, and he entrusted to his care everything he owned. (5) From the time he put him in charge of his household and of all that he owned, the Lord blessed the household of the Egyptian because of Joseph. The blessing of the Lord was on everything Potiphar had, both in the house and in the field. (6) So Potiphar left everything he had in Joseph’s care; with Joseph in charge, he did not concern himself with anything except the food he ate. Now Joseph was well-built and handsome, (7) and after a while his master’s wife took notice of Joseph and said, “Come to bed with me!” (8) But he refused. “With me in charge,” he told her, “my master does not concern himself with anything in the house; everything he owns he has entrusted to my care.

    (Genesis 39:20-23) Joseph’s master took him and put him in prison, the place where the king’s prisoners were confined. But while Joseph was there in the prison, (21) the Lord was with him; he showed him kindness and granted him favor in the eyes of the prison warden. (22) So the warden put Joseph in charge of all those held in the prison, and he was made responsible for all that was done there. (23) The warden paid no attention to anything under Joseph’s care, because the Lord was with Joseph and gave him success in whatever he did.

    3. Climbing over a wall 

    (Genesis 41:14-16) So Pharaoh sent for Joseph, and he was quickly brought from the dungeon. When he had shaved and changed his clothes, he came before Pharaoh. (15) Pharaoh said to Joseph, “I had a dream, and no one can interpret it. But I have heard it said of you that when you hear a dream you can interpret it.” (16) “I cannot do it,” Joseph replied to Pharaoh, “but God will give Pharaoh the answer he desires.”

    (Genesis 41:37-41) The plan seemed good to Pharaoh and to all his officials. (38) So Pharaoh asked them, “Can we find anyone like this man, one in whom is the spirit of God?” (39) Then Pharaoh said to Joseph, “Since God has made all this known to you, there is no one so discerning and wise as you. (40) You shall be in charge of my palace, and all my people are to submit to your orders. Only with respect to the throne will I be greater than you.” (41) So Pharaoh said to Joseph, “I hereby put you in charge of the whole land of Egypt.”

    (Genesis 41:56-57) When the famine had spread over the whole country, Joseph opened all the storehouses and sold grain to the Egyptians, for the famine was severe throughout Egypt. (57) And all the world came to Egypt to buy grain from Joseph, because the famine was severe everywhere.

    Life Group Questions and Prayer
    1. Does the Joseph story inspire you?
    2. How much do you want God to work in your life this year?
    3. Let’s pray!



    ヨセフ-多くの実を結ぶ枝

    (創世記49:22)ヨセフは実を結ぶ若枝、泉のほとりの実を結ぶ若枝、その枝は垣を越える。

    1. 多くの実を結ぶ枝
    (創世記37:5-8)あるとき、ヨセフは夢を見て、それを兄たちに告げた。すると彼らは、ますます彼を憎むようになった。(6)ヨセフは彼らに言った。「どうか私の見たこの夢を聞いてください。(7)見ると、私たちは畑で束をたばねていました。すると突然、私の束が立ち上がり、しかもまっすぐに立っているのです。見ると、あなたがたの束が回りに来て、私の束におじぎをしました。」(8)兄たちは彼に言った。「おまえは私たちを治める王になろうとするのか。私たちを支配しようとでも言うのか。」こうして彼らは、夢のことや、ことばのことで、彼をますます憎むようになった。

    2. いつも神様の近くに

    (創世記39:2-8)主がヨセフとともにおられたので、彼は幸運な人となり、そのエジプト人の主人の家にいた。(3)彼の主人は、主が彼とともにおられ、主が彼のすることすべてを成功させてくださるのを見た。(4)それでヨセフは主人にことのほか愛され、主人は彼を側近の者とし、その家を管理させ、彼の全財産をヨセフの手にゆだねた。(5)主人が彼に、その家と全財産とを管理させた時から、主はヨセフのゆえに、このエジプト人の家を、祝福された。それで主の祝福が、家や野にある、全財産の上にあった。(6)彼はヨセフの手に全財産をゆだね、自分の食べる食物以外には、何も気を使わなかった。しかもヨセフは体格も良く、美男子であった。(7)これらのことの後、主人の妻はヨセフに目をつけて、「私と寝ておくれ」と言った。(8)しかし、彼は拒んで主人の妻に言った。「ご覧ください。私の主人は、家の中のことは何でも私に任せ、気を使わず、全財産を私の手にゆだねられました。

    (創世記39:20-23)ヨセフの主人は彼を捕らえ、王の囚人が監禁されている監獄に彼を入れた。こうして彼は監獄にいた。(21)しかし、主はヨセフとともにおられ、彼に恵みを施し、監獄の長の心にかなうようにされた。(22)それで監獄の長は、その監獄にいるすべての囚人をヨセフの手にゆだねた。ヨセフはそこでなされるすべてのことを管理するようになった。(23)監獄の長は、ヨセフの手に任せたことについては何も干渉しなかった。それは主が彼とともにおられ、彼が何をしても、主がそれを成功させてくださったからである。

    3. 垣根を越える

    (創世記41:14-16)そこで、パロは使いをやってヨセフを呼び寄せたので、人々は急いで彼を地下牢から連れ出した。彼はひげをそり、着物を着替えてから、パロの前に出た。(15)パロはヨセフに言った。「私は夢を見たが、それを解き明かす者がいない。あなたについて言われていることを聞いた。あなたは夢を聞いて、それを解き明かすということだが。」(16)ヨセフはパロに答えて言った。「私ではありません。神がパロの繁栄を知らせてくださるのです。」

    (創世記41:37-41)このことは、パロとすべての家臣たちの心にかなった。(38)そこでパロは家臣たちに言った。「神の霊の宿っているこのような人を、ほかに見つけることができようか。」(39)パロはヨセフに言った。「神がこれらすべてのことをあなたに知らされたのであれば、あなたのように、さとくて知恵のある者はほかにいない。(40)あなたは私の家を治めてくれ。私の民はみな、あなたの命令に従おう。私があなたにまさっているのは王位だけだ。」(41)パロはなおヨセフに言った。「さあ、私はあなたにエジプト全土を支配させよう。」

    (創世記41:56-57)ききんは全世界に及んだ。ききんがエジプトの国でひどくなったとき、ヨセフはすべての穀物倉をあけて、エジプトに売った。(57)また、ききんが全世界にひどくなったので、世界中が穀物を買うために、エジプトのヨセフのところに来た。

    ライフグループでの質問と祈り
    1. ヨセフの話から、インスピレーションを受けましたか?
    2. あなたの人生において、神様の働きを今年、どれほど求めていますか?
    3. 一緒に祈りましょう!
  • An Indescribable Gift – Grace

    (2 Corinthians 9:15) Thanks be to God for his indescribable gift!

    (Isaiah 9:6) For to us a child is born, to us a son is given, and the government will be on his shoulders. And he will be called Wonderful Counselor, Mighty God, Everlasting Father, Prince of Peace.

    (Luke 2:10-12) But the angel said to them, “Do not be afraid. I bring you good news that will cause great joy for all the people. (11) Today in the town of David a Savior has been born to you; he is the Messiah, the Lord. (12) This will be a sign to you: You will find a baby wrapped in cloths and lying in a manger.”

    Jesus is Grace
    (Titus 2:11) For the grace of God has appeared that offers salvation to all people.
    (2 Corinthians 5:21) God made him who had no sin to be sin for us, so that in him we might become the righteousness of God.

    Receive The Gift Of Grace With An Open Heart
    (John 3:16-17) For God so loved the world that he gave his one and only Son, that whoever believes in him shall not perish but have eternal life. (17) For God did not send his Son into the world to condemn the world, but to save the world through him.



    言葉で表せないほどの贈り物 ‐ 恵み

    (2コリント 9:15)ことばに表せないほどの賜物のゆえに、神に感謝します。
    言葉で表せないほどの贈り物が来た‐イエス

    (イザヤ 9:6)ひとりのみどりごが、私たちのために生まれる。ひとりの男の子が、私たちに与えられる。主権はその肩にあり、その 名は「不思議な助言者、力ある神、永遠の父、平和の君」と呼ばれる。

    (ルカ 2:10-12)御使いは彼らに言った。「恐れることはありません。今、私はこの民全体のためのすばらしい喜びを知らせに来た のです。(11)きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。(12)あなたが たは、布にくるまって飼葉おけに寝ておられるみどりごを見つけます。これが、あなたがたのためのしるしです。」
    イエスは恵み
    (テトス 2:11)というのは、すべての人を救う神の恵みが現れ・・・

    (2 コリント 5:21)神は、罪を知らない方を、私たちの代わりに罪とされました。それは、私たちが、この方にあって、神の義となるた めです。

    心を開いて、恵みの贈り物を受け取ろう

    (ヨハネ 3:16-17)神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅び ることなく、永遠のいのちを持つためである。(17)神が御子を世に遣わされたのは、世をさばくためではなく、御子によって世が救 われるためである。
  • Christmas – Our Saviour Has Come

    (Luke 2:10-11) But the angel said to them, “Do not be afraid. I bring you good news that will cause great joy for all the people. (11) Today in the town of David a Savior has been born to you; he is the Messiah, the Lord.

    Name Above Every Name
    (Matthew 1:21) She will give birth to a son, and you are to give him the name Jesus, because he will save his people from their sins.

    (Acts 4:11-12) Jesus is “’the stone you builders rejected, which has become the cornerstone.’ (12) Salvation is found in no one else, for there is no other name under heaven given to mankind by which we must be saved.”

    Born For A Purpose
    (John 18:37 NKJV) Pilate therefore said to Him, “Are You a king then?” Jesus answered, “You say rightly that I am a king. For this cause I was born, and for this cause I have come into the world, that I should bear witness to the truth. Everyone who is of the truth hears My voice.”

    (Isaiah 53:4-5) Surely he took up our pain and bore our suffering, yet we considered him punished by God, stricken by him, and afflicted. (5) But he was pierced for our transgressions, he was crushed for our iniquities; the punishment that brought us peace was on him, and by his wounds we are healed.

    Jesus Has Made a Way
    (John 3:16) For God so loved the world that he gave his one and only Son, that whoever believes in him shall not perish but have eternal life.

    (John 14:6) Jesus answered, “I am the way and the truth and the life. No one comes to the Father except through me.



    クリスマス ‐ 私たちの救い主が来た

    (ルカ2:10-11)御使いは彼らに言った。「恐れることはありません。今、私はこの民全体のためのすばらしい喜びを知らせに来たのです。(11)きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。
    全ての名前に勝る名前

    (マタイ1:21)マリヤは男の子を産みます。その名をイエスとつけなさい。この方こそ、ご自分の民をその罪から救ってくださる方です。

    (使徒4:11-12)『あなたがた家を建てる者たちに捨てられた石が、礎の石となった』というのはこの方のことです。(12)この方以外には、だれによっても救いはありません。天の下でこの御名のほかに、私たちが救われるべき名は人に与えられていないからです。」

    目的のために生まれた

    (ヨハネ18:37)そこでピラトはイエスに言った。「それでは、あなたは王なのですか。」イエスは答えられた。「わたしが王であることは、あなたが言うとおりです。わたしは、真理のあかしをするために生まれ、このことのために世に来たのです。真理に属する者はみな、わたしの声に聞き従います。」

    (イザヤ53:4-5)まことに、彼は私たちの病を負い、私たちの痛みをになった。だが、私たちは思った。彼は罰せられ、神に打たれ、苦しめられたのだと。(5)しかし、彼は、私たちのそむきの罪のために刺し通され、私たちの咎のために砕かれた。彼への懲らしめが私たちに平安をもたらし、彼の打ち傷によって、私たちはいやされた。

    イエスが道を造られた

    (ヨハネ3:16)神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。

    (ヨハネ14:6)イエスは彼に言われた。「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。

  • Christmas – Let’s Have the Hearts of Mary & Joseph

    Why Mary?
    (Luke 1:26-38) In the sixth month of Elizabeth’s pregnancy, God sent the angel Gabriel to Nazareth, a town in Galilee, (27) to a virgin pledged to be married to a man named Joseph, a descendant of David. The virgin’s name was Mary. (28) The angel went to her and said, “Greetings, you who are highly favored! The Lord is with you.” (29) Mary was greatly troubled at his words and wondered what kind of greeting this might be. (30) But the angel said to her, “Do not be afraid, Mary; you have found favor with God. (31) You will conceive and give birth to a son, and you are to call him Jesus. (32) He will be great and will be called the Son of the Most High. The Lord God will give him the throne of his father David, (33) and he will reign over Jacob’s descendants forever; his kingdom will never end.” (34) “How will this be,” Mary asked the angel, “since I am a virgin?” (35) The angel answered, “The Holy Spirit will come on you, and the power of the Most High will overshadow you. So the holy one to be born will be called the Son of God. (36) Even Elizabeth your relative is going to have a child in her old age, and she who was said to be unable to conceive is in her sixth month. (37) For no word from God will ever fail.” (38) “I am the Lord’s servant,” Mary answered. “May your word to me be fulfilled.” Then the angel left her.

    1. She Was Pure and Followed God’s Ways
    2. She Asked The Right Questions
    3. She Didn’t Understand Everything, but she Still Believed 

    Why Joseph?
    (Matthew 1:18-25) This is how the birth of Jesus the Messiah came about: His mother Mary was pledged to be married to Joseph, but before they came together, she was found to be pregnant through the Holy Spirit. (19) Because Joseph her husband was faithful to the law, and yet did not want to expose her to public disgrace, he had in mind to divorce her quietly. (20) But after he had considered this, an angel of the Lord appeared to him in a dream and said, “Joseph son of David, do not be afraid to take Mary home as your wife, because what is conceived in her is from the Holy Spirit. (21) She will give birth to a son, and you are to give him the name Jesus, because he will save his people from their sins.” (22) All this took place to fulfill what the Lord had said through the prophet: (23) “The virgin will conceive and give birth to a son, and they will call him Immanuel” (which means “God with us”). (24) When Joseph woke up, he did what the angel of the Lord had commanded him and took Mary home as his wife. (25) But he did not consummate their marriage until she gave birth to a son. And he gave him the name Jesus.

    1. He Was a Good Man
    2. He Wasn’t Afraid 
    3. He Followed God’s Word



    クリスマス ‐ マリヤとヨセフの心を持とう
    どうしてマリヤ?

    (ルカ1:26-38)ところで、その六か月目に、御使いガブリエルが、神から遣わされてガリラヤのナザレという町のひとりの処女のところに来た。(27)この処女は、ダビデの家系のヨセフという人のいいなずけで、名をマリヤといった。(28)御使いは、入って来ると、マリヤに言った。「おめでとう、恵まれた方。主があなたとともにおられます。」(29)しかし、マリヤはこのことばに、ひどくとまどって、これはいったい何のあいさつかと考え込んだ。(30)すると御使いが言った。「こわがることはない。マリヤ。あなたは神から恵みを受けたのです。(31)ご覧なさい。あなたはみごもって、男の子を産みます。名をイエスとつけなさい。(32)その子はすぐれた者となり、いと高き方の子と呼ばれます。また、神である主は彼にその父ダビデの王位をお与えになります。(33)彼はとこしえにヤコブの家を治め、その国は終わることがありません。」(34)そこで、マリヤは御使いに言った。「どうしてそのようなことになりえましょう。私はまだ男の人を知りませんのに。」(35)御使いは答えて言った。「聖霊があなたの上に臨み、いと高き方の力があなたをおおいます。それゆえ、生まれる者は、聖なる者、神の子と呼ばれます。(36)ご覧なさい。あなたの親類のエリサベツも、あの年になって男の子を宿しています。不妊の女といわれていた人なのに、今はもう六か月です。(37)神にとって不可能なことは一つもありません。」(38)マリヤは言った。「ほんとうに、私は主のはしためです。どうぞ、あなたのおことばどおりこの身になりますように。」こうして御使いは彼女から去って行った。

    1. マリヤはピュアで、神様の道に従った
    2. マリヤは、正しい質問をした
    3. マリヤは全てを理解できたわけじゃない‐それでも信じた

    どうしてヨセフ?

    (マタイ1:18-25)イエス・キリストの誕生は次のようであった。その母マリヤはヨセフの妻と決まっていたが、ふたりがまだいっしょにならないうちに、聖霊によって身重になったことがわかった。(19)夫のヨセフは正しい人であって、彼女をさらし者にはしたくなかったので、内密に去らせようと決めた。(20)彼がこのことを思い巡らしていたとき、主の使いが夢に現れて言った。「ダビデの子ヨセフ。恐れないであなたの妻マリヤを迎えなさい。その胎に宿っているものは聖霊によるのです。(21)マリヤは男の子を産みます。その名をイエスとつけなさい。この方こそ、ご自分の民をその罪から救ってくださる方です。」(22)このすべての出来事は、主が預言者を通して言われた事が成就するためであった。(23)「見よ、処女がみごもっている。そして男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。」(訳すと、神は私たちとともにおられる、という意味である。)(24)ヨセフは眠りからさめ、主の使いに命じられたとおりにして、その妻を迎え入れ、(25)そして、子どもが生まれるまで彼女を知ることがなく、その子どもの名をイエスとつけた。

    1. ヨセフは良い人だった
    2. ヨセフは恐れていなかった
    3. ヨセフは神様のことばに従った
  • Dec 7 2014

    神様が1番の人生( 賛美 )

    メッセンジャー:
    モンシ・アルシアガ
    長さ:
    35:19
    A God First Life
    (Matthew 6:33) But seek first his kingdom and his righteousness, and all these things will be given to you as well.

    WORSHIP
    (John 4:23) But the hour is coming, and is now here, when the true worshippers will worship the Father in spirit and truth, for the Father is seeking such people to worship him.

    1. IT’S A RESPONSE
    (Revelation 4:11) “You are worthy, our Lord and God, to receive glory and honor and power, for you created all things, and by your will they were created and have their being.”

    (Acts 16:25)About midnight Paul and Silas were praying and singing hymns to God, and the other prisoners were listening to them.

    2. IT’S A MATTER OF THE HEART 
    (Psalm 51:8-11) Let me hear joy and gladness, let the bones that you have broken rejoice. Hide your face from my sins, and blot out all my iniquities. Create in me a clean heart, O God.

    3. IT’S A PRIVILEGE!!
    (Psalm 100:2) Worship the Lord with gladness; come before Him with joyful songs



    神様が1番の人生( 賛美 )

    (マタイ6:33)だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。

    賛美

    (ヨハネ4:23)しかし真の礼拝者たちが霊とまことによって父を礼拝する時が来ます。今がその時です。父はこのような人々を礼拝者として求めておられるからです。

    1. それは応答すること

    (黙示録4:11)「主よ。われらの神よ。あなたは、栄光と誉れと力とを受けるにふさわしい方です。あなたは万物を創造し、あなたのみこころゆえに、万物は存在し、また創造されたのですから。」

    (使徒16:25)真夜中ごろ、パウロとシラスが神に祈りつつ賛美の歌を歌っていると、ほかの囚人たちも聞き入っていた。

    2. それは心が重要

    (詩篇51:8-11)私に、楽しみと喜びを、聞かせてください。そうすれば、あなたがお砕きになった骨が、喜ぶことでしょう。御顔を私の罪から隠し、私の咎をことごとく、ぬぐい去ってください。神よ。

    3.それは特権!!

    (詩篇100:2)喜びをもって主に仕えよ。喜び歌いつつ御前に来たれ。
  • ”I have a revelation that I’m a child of God!” (and it’s changed my life!)

    (John 1:12) Yet to all who did receive him, to those who believed in his name, he gave the right to become children of God.

    (Psalm 127:1-5) Unless the Lord builds the house, the builders labor in vain. Unless the Lord watches over the city, the guards stand watch in vain. (2) In vain you rise early and stay up late, toiling for food to eat— for he grants sleep to those he loves. (3) Children are a heritage from the Lord, offspring a reward from him. (4) Like arrows in the hands of a warrior are children born in one’s youth. (5) Blessed is the man whose quiver is full of them. They will not be put to shame when they contend with their opponents in court.

    (*especially v.2 – last part)
    “For God gives rest to His Loved Ones” (NLT)

    “For God provides for those He loves, even while they are sleeping” (Voice version)

    “For He gives blessings to His beloved in sleep” (AMPL version)

    (Matthew 3:16-17) As soon as Jesus was baptized, he went up out of the water. At that moment heaven was opened, and he saw the Spirit of God descending like a dove and alighting on him. (17) And a voice from heaven said, “This is my Son, whom I love; with him I am well pleased.

    (Romans 8:1-2, 13-16) Therefore, there is now no condemnation for those who are in Christ Jesus, (2) because through Christ Jesus the law of the Spirit who gives life has set you free from the law of sin and death. (13) For if you live according to the flesh, you will die; but if by the Spirit you put to death the misdeeds of the body, you will live. (14) For those who are led by the Spirit of God are the children of God. (15) The Spirit you received does not make you slaves, so that you live in fear again; rather, the Spirit you received brought about your adoption to sonship. And by him we cry, “Abba, Father.” (16) The Spirit himself testifies with our spirit that we are God’s children.

    Life Group Questions and Prayer
    1.Are you living with the revelation you are a child of God? 
    2.How does that impact your world? 
    3.Let’s pray together.



    (ヨハネ1:12)しかし、この方を受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には、神の子どもとされる特権をお与えになった。

    (詩篇127:1-5)主が家を建てるのでなければ、建てる者の働きはむなしい。主が町を守るのでなければ、守る者の見張りはむなしい。(2)あなたがたが早く起きるのも、おそく休むのも、辛苦の糧を食べるのも、それはむなしい。主はその愛する者には、眠っている間に、このように備えてくださる。(3)見よ。子どもたちは主の賜物、胎の実は報酬である。(4)若い時の子らはまさに勇士の手にある矢のようだ。(5)幸いなことよ。矢筒をその矢で満たしている人は。彼らは、門で敵と語る時にも、恥を見ることがない。

    2節の後半

    「神様は、愛する者に適当な休息を与えようとなさるお方です。」(リビング訳)

    「神様は、たとえ寝ているときでも、愛する者に備えて下さる。」(Voice訳からの直訳)

    「神様は、愛する者が寝ているときに祝福を与えて下さる。」(アンプリファイド訳からの直訳)

    (マタイ3:16-17)こうして、イエスはバプテスマを受けて、すぐに水から上がられた。すると、天が開け、神の御霊が鳩のように下って、自分の上に来られるのをご覧になった。(17)また、天からこう告げる声が聞こえた。「これは、わたしの愛する子、わたしはこれを喜ぶ。」

    (ローマ8:1-2、13-16) こういうわけで、今は、キリスト・イエスにある者が罪に定められることは決してありません。(2)なぜなら、キリスト・イエスにある、いのちの御霊の原理が、罪と死の原理から、あなたを解放したからです。(13)もし肉に従って生きるなら、あなたがたは死ぬのです。しかし、もし御霊によって、からだの行いを殺すなら、あなたがたは生きるのです。(14)神の御霊に導かれる人は、だれでも神の子どもです。(15)あなたがたは、人を再び恐怖に陥れるような、奴隷の霊を受けたのではなく、子としてくださる御霊を受けたのです。私たちは御霊によって、「アバ、父」と呼びます。(16)私たちが神の子どもであることは、御霊ご自身が、私たちの霊とともに、あかししてくださいます。

    ライフグループでの質問と祈り
    1.神様の子どもであるという事を分かって生きていますか?
    2.それはあなたの人生にどのような影響を与えますか?
    3.一緒に祈りましょう。