永遠に生きること

ルカ 23:39-43(ALIVE訳)
39 隣の十字架に架かっていた犯罪者の1人も叫んだ——「うっ、てめ、おい!救い主なんだろコラ!そんなら自分と一緒に俺らも救いやがれ・・・!」
40 もう1人の犯罪者は違った——「コラ!この期に及んで、まだ神様を恐れねぇのか・・・?お、俺たちゃもうじきおだぶつよ・・・
41 俺もてめぇも殺されて同然の人間だ・・・罪を犯しちまったんだからな・・・だがこの方が見えねぇのか!なんもしてねぇじゃあねぇか・・・!!!」
42 死刑囚は続けた、「イエスさん、あんたが王として統べる時、どうか俺を思い出してやってください・・・」
43「約束する・・・おまえは今日、俺と楽園に行く・・・!!!」

天国は本当

黙示録 21:4(ALIVE訳)
4 その目から涙をぬぐってくれるのだ。もはや、死も悲しみも叫びも苦痛もない。それらはみな、永遠に姿を消したからである」

じゃあどう生きればいいか?

1.神様のために何をした?

マタイ 7:21-23(ALIVE訳)
21 俺を王と呼ぶのなら誰でも、神の王国に入れるかといったら、そうではない。天の父の心を受け継ぐものだけだ。
22 終わりの日、たくさんの人が俺を、我が王と呼ぶ。“あなたの名によって、神のことばを語り、悪魔を追っ払い、キセキを起こした”と。
23 そんな彼らに俺はこう答える。“帰れ!過ちを犯し続けた人間なんて俺は知らん!”」

2.持っていたもので何をした?

2コリント 5:10(ALIVE訳)
10 なぜなら、やがて私たちはみな、救世主の前で、裁きを受けなければならず、全生活がさらけ出されることになるからだ。善であれ悪であれ、地上の体でいる時の行ないに応じて、私たちはそれぞれ、ふさわしい報いを受ける。

2コリント 9:11(ALIVE訳)
11 そう。神からたっぷりもらったみんなは、人にもたくさん贈ることができるのだ。
そして、私たちが、その贈り物を必要としている人たちに届ける時、そこには感謝が満ちあふれ、みんなの援助ゆえに神への賛美がわき上がるのだ。

3.この人生にはこの人生以上のものがある

2コリント 4:18(ALIVE訳)
18 だから私たちは、いま見えるもの、すなわち、身の回りの苦しみには目をとめない。むしろ、今は見えない天にある財宝を望み見るのだ。見えるものは、はかなく消え、見えないものは永遠に続く!