神様の心のような心がほしい

使徒 13:22(ALIVE訳)
やがて神は、サウロを退任させ、代わりにダビデを王として選抜し、こう言ったのです。“エッサイの子ダビデ!私が選んだ男。私が願うとおりに生きる男”だと。

間違った心は神様の計画から離れさせる

エレミヤ書 29:13 口語訳
あなたがたはわたしを尋ね求めて、わたしに会う。もしあなたがたが一心にわたしを尋ね求めるならば、

正しい心は祝福される

マタイ 5:8(ALIVE訳)
純粋な考え、きれいな考えを持つものは喜べ!
神はあなたと共にいる。

イエスは私たちの心を助けたいと思っている

(マルコ 4:1-9 JCB)イエスが湖のほとりで教えておられると、またもや多くの群衆が集まって来ました。それでイエスは小舟に乗り、そこに腰をおろして、お話しになりました。(2)イエスが人々に教えられる時には、たとえ話を使うのが普通でしたが、この日の話は次のようなものでした。(3)「よく聞きなさい。農夫が種まきをしました。畑に種をまいていると、(4)ある種はあぜ道に落ちました。すると鳥が来て、その種を食べてしまいました。(5)別の種は土の浅い石地に落ちました。初めは勢いよく成長した種も、 (6)土が浅いため、根から十分養分を取ることができず、強い日差しの中で、すぐに枯れてしまいました。(7)また、いばらの中に落ちた種もありましたが、いばらが茂って成長をはばみ、結局、実を結べませんでした。(8)けれども中には、良い地に落ちた種もありました。その種は、三十倍、六十倍、いや百倍もの収穫をあげることができたのです。(9)聞く耳のある人はよく聞きなさい。」

(マルコ 4:13-20 JCB)それにしても、こんな簡単なたとえがわからないのですか。そんなことで、これから話すほかのすべてのたとえは、どうなることでしょう。(14)いいですか。農夫とは、人々に神のことばを伝える人のことです。このような人たちは、聞く人の心に良い種をまこうとします。(15)初めの種が落ちた踏み固められたあぜ道とは、神のことばを聞いても心を堅く閉ざした人のことです。すぐにサタンがやって来て、そのことばを忘れさせてしまうのです。(16-17)土が浅く石ころの多い地とは、最初は喜んで神のことばを聞く人の心を表しています。ところが、そんな地に落ちた種は、根を深くおろすことができません。だから、初めのうちこそうまくいっても、迫害が始まると、たちまちぐらついてしまうのです。(18-19)いばらの地とは、神のすばらしい知らせに耳を傾け、それを受け入れる人の心を表しています。けれども、すぐにこの世の魅力、金もうけの楽しさ、欲望のとりこになり、神のことばなどは心からはじき出されて、実を結ぶまでには至らない人です。(20)良い地とは、神のことばをまちがいなく受け入れて成長し、神のために、三十倍、六十倍、百倍もの収穫をあげる人の心を表しています。」

1.硬くなった心

-前はあのような心であった

-何が変えれる?

ジョン・マクスウェル 「変化は必然的」 3通り

-十分傷ついたから変わる

-新しい考え(文化)に長く触れ続けたから変わる

-変わるだけ学んだ

心を変える鍵=もっと何かを求める思い

(マタイ 5:6 新改訳)義に飢え渇いている者は幸いです。その人は満ち足りるからです。

2.恐れに満ちた心

心を変える鍵=聖霊の力

(2 テモテ 1:7 ALIVE訳)なぜなら、神が与えてくれた神の魂は、恐れをはねのけ、知恵と力とをみなぎらせ、人を愛し、喜んで人と共に歩ませてくれる。