祈れるように教えて

ルカ 11:1(ALIVE訳)
1ある日のこと——イエスは今日も1人で祈っていた。祈り終わって戻ってくると、一味の1人が前にでた。「先生、洗礼者ヨハネが弟子に教えたように、俺たちにも祈り方を教えてくれないか?」

マタイ 6:6-15(ALIVE訳)
6だから父さんに祈る時は、一人で部屋に閉じこもってから。そうすれば、隠れたことはどんな小さなことでも知っている天の父が報いる!
7本当の神を知らない人たちのように同じことを繰り返し唱えるんじゃない。彼らは、唱え続ければ祈りが聞かれると誤解している。
8それじゃダメだ。父さんは、あなたたちに何が必要か、祈る前から知っている。
9こう祈れ!天の父さん、あなたの名がいつまでも誰よりも讃えられるように!
10あなたの王国よ、来い!あなたの思いどおりになる天のように、ここでも実現されよ!
11毎日必要な食料の調達を!
12俺たちが赦したように赦して!
13どうか俺たちを誘惑から守り、悪から救ってくれ!
14ああそうだ、あなたに過ちを犯した人を赦すのなら、天の父もあなたの過ちを赦す。
15だがもし、あなたが人を赦さないなら、天の父もあなたを赦しはしない・・・!!!」

祈りはプライベート

ルカ 5:16(ALIVE訳)
16イエスは、常に人に囲まれていたが、かかさず、しかも頻繁に1人で祈りに出かけたのであった。

祈りはシンプル

1テサロニケ 5:16-18(ALIVE訳)
16いつも喜びにあふれていろ!
17絶えず祈れ!
18何があっても、感謝の心を持て!これこそ、神が、イエス・救世主に属するみんなに、望むことだ。

祈りは力がある

マタイ 7:7(ALIVE訳)
「求めろ、そうすりゃ与えられる。探せ、そうすりゃ見つかる。叩け、そうすりゃ扉は開く。

なんのために祈るべきか?

1. 神様が人生で最初になるように

マタイ 6:33(ALIVE訳)
33まず何よりも自分を神に制してもらう“神の王政”と神の望みが全うされる“神の義”について考えろ!そうすれば必要なものはすべて与えられる!!!

2.天国が地上に来るように

マタイ 18:18-19(ALIVE訳)
18おまえたちがこの地で裁きの言葉を与える時は、天の裁きとなる。同じく、この地で人を赦す時は天の神の赦しでもあるのだ。
19おまえたちが2人で心を1つにして祈る時、天の父さんはそれを叶えてくれる。

3.ビジョンの準備のために

2コリント 9:8(ALIVE訳)
8神は、必要なものは何でもあり余るほど与えて、不足がないようにしてくれる。それで、必要が満たされたあと、なお十分な余裕があるので、他の人に喜んで分けることができるのだ。

4.クリーンハートのために

エペソ 4:26-27(ALIVE訳)
26腹を立てることがあっても、恨みをいだいて過ちを犯してはダメだ。
27日が沈んだあとも怒ったままでいてはいけない

5.護りのために

1コリント 10:13(ALIVE訳)
13あなたがたが経験する誘惑は別に新しくもなんともない。 誰もがとおってきた誘惑ばかりである。次のことに置いて、神に一切の信頼をおいて良い。すなわち神はほどの誘惑に合わせることはしない。どんな誘惑であっても誘惑されても、必要な抜け道を用意してくれるのである。