息子として養子に迎え入れられた

(エペソ 1:3-6 ALIVE訳)王なるイエス・キリストの父である、神がもっと讃えられるように!神は私たちに偉大な恩恵を与えてくれたからだ。すなわち、神が私たちをキリストに繋げてくれたおかげで、神の霊をとおし、全ての天の財宝へのアクセス権が与えられたのだ!(4)神は、この世界を造る前から、救世主に属す私たちを、自分のものとして選んでくれていた。私たちを愛しているがゆえに、私たちを神の前で潔白として選んでくれた。(5)初めからイエス・キリストをとおして私たちを養子にし、家族に迎えると決めていた。これは神の望みだったからこそ喜んで行動に移してくれた。(6)神こそ、いっさいの賞賛を受けるべき存在だ。 神の最愛の一人子と繋がった私たちに、神は驚くばかりの恵みと愛を注いでくれたのだ。

多方面で祝福がある。

養子になるよう呼ばれている

– 養子に対する3つの重要な法律

(1) 養子に迎え入れられる前の家族で所有していた権利はなくなる。法律上、養子に迎え入れられた人の前の人生は完全になくなった。例えば、法律上、債務も返済義務はなくなる。債務は存在していなかったかのように、なくなる。

(2) 養子に迎え入れられた人は新しい家族の中で全ての権利を受け取る。法律上も全ての面で、新しい父、新しい名字を受け取る。

(3) 養子に迎え入れられた人は、父の財産の相続人となる。迎え入れられた後に、家族に血縁で繋がっている子どもが産まれたとしても、養子の権利は変わらない。共に相続人となる。

1. サタンの家族からは外された。悪魔はもう主張できない。

2. 父の名とその権威を手にしている。

3. いつでも父へのアクセス権を与えられている。

4. 父によって選ばれ、彼の愛の中に生き続けている。

5. 父はあなたを守る。

6. 父はあなたを養う。

7. 父は全ての子どもが成熟するまで教育する。学びとしつけも。

8. 最後に、私たちはイエスと共に相続主である。

(ローマ 8:17 新改訳)もし子どもであるなら、相続人でもあります。私たちがキリストと、栄光をともに受けるために苦難をともにしているなら、私たちは神の相続人であり、キリストとの共同相続人であります。

だから息子のように生きよう!