十字架を背負う

ルカの福音書‬ ‭9:22-25‬ ‭JCB‬‬
22「わたしは多くの苦しみを受け、ユダヤ人の指導者たち、長老、祭司長、律法の専門家たちに捨てられ、殺され、そして三日目に復活するのです」と話しました。 23それから、一同に言われました。「いいですか。わたしについて来たい人はだれでも、自分のつごうや利益を考えてはいけません。日々自分の十字架を背負い、わたしのあとについて来なさい。24自分のいのちを救おうとする者は、かえってそれを失います。ですが、わたしのために自分のいのちを捨てる者は、それを救うのです。 25人はたとえ全世界を手に入れても、自分自身を失ってしまったら何にもなりません。」

報酬のために立ち向かう

ペテロの手紙Ⅰ‬ ‭5:8-10‬ ‭JCB‬‬
8「最大の敵である悪魔の攻撃に備えて、警戒しなさい。悪魔は、飢えてほえたけるライオンのように、引き裂くべき獲物を求めてうろつき回っているのです。 9信仰に堅く立って、悪魔の攻撃に立ち向かいなさい。ご存じのように、あらゆる地域のクリスチャンたちが、同じ苦しみを通っているのです。10キリストにあって、あふれるほど恵みを注いでくださる神は、しばらくの苦しみのあとで、あなたがたに永遠の栄光を与えてくださいます。神ご自身があなたがたを力づけ、しっかり立たせ、強めてくださいます。」

毎日の中でイエスを選ぶ

‭申命記‬ ‭30:19‬ ‭JCB
「さあ、天と地が証人です。どちらを選びますか。生きることですか、それとも死ぬことですか。祝福ですか、のろいですか。もちろん、あなたのためにも子孫のためにも、生きるほうを選ぶべきです。」

‭‭マタイの福音書‬ ‭6:24‬ ‭JCB
「だれも、神とお金の両方に仕えることはできません。必ずどちらか一方を憎んで、他方を愛するからです。」
‬‬

1人の観客(神様)のために生きる!

コリント人への手紙Ⅱ‬ ‭5:9‬ ‭JCB‬‬
「そういうわけで、地上でこの肉体のままでいようと、肉体を離れて主と共に天にいようと、私たちの目的は、いつも主に喜ばれることです。」

‭‭マタイの福音書‬ ‭6:1-4‬ ‭JCB‬‬
1「人にほめられようと、人前で善行を見せびらかさないようにしなさい。そんなことをすれば、天の父から報いをいただけません。2貧しい人にお金や物を恵む時には、偽善者たちのように、そのことを大声で宣伝してはいけません。彼らは人目につくように、会堂や街頭で大げさに慈善行為をします。いいですか、よく言っておきますが、そういう人たちは、もうそれで、報いは受けているのです。 3ですから、人に親切にする時は、右手が何をしているのか左手でさえ気づかないくらいに、こっそりとしなさい。 4そうすれば、隠れたことはどんな小さなことでもご存じの天の父から、必ず報いがいただけます。」

どのようにイエスを喜ばせるのか

1. 天のお父さんと二人きりの時間を過ごす
‭マタイの福音書‬ ‭6:6‬ ‭JCB‬‬
「祈る時には、一人で部屋に閉じこもり、父なる神に祈りなさい。隠れたことはどんな小さなことでもご存じのあなたの父から、必ず報いがいただけます。」

2. 大きく求める
‭‭詩篇‬ ‭2:8‬ ‭JCB
「わたしに願い求めよ。 そうすれば、世界のすべての国を授けよう。」

3. たじろがないで
へブル 10:38(ALIVE訳)
義人は信じることで生きる。信じないなら、私は認めない——【聖書:ハバクク2:3-4より引用】