励まされてる?… それなら周りの人を励まそう!

-励ましは酸素のようなもの!

(2 コリント 1:3 JCB)私たちの神様は、なんとすばらしいお方でしょう。神様は主イエス・キリストの父であり、あらゆる慈愛の源です。

慈愛 – 感情的な強さ(そして応えようとする強い願望)

(ヨハネ 3:16 ALIVE訳)実に神は、一人子をさえ惜しまず与えるほどに、世の人間を愛してくれた。つまり、神の一人子を信じる者が、だれ一人滅びず、永遠の命を得るためだ!!!

励まされた(慰め)

-(この5節に10回)

-引き上げるために近くに呼ぶ

-裁判で使えるほどの賢いアドバイス

-勝利のためのコーチング

(ケアする慰め – タイを帰るときに)

(親しい励まし – 消防士)

(イザヤ 7:9b 新改訳)もし、あなたがたが信じなければ、長く立つことはできない

(辛い状況での弁護 – 試練の時)

(2 コリント 1:4 JCB)そして、私たちが苦しみや困難にあえいでいる時、慰めと励ましを与えてくださるお方です。それは、苦しみの中にあって慰めと励ましを必要としている人々に、私たちも、神から受ける助けと慰めを与えることができるためです。

(2 コリント 1:6 JCB)私たちが大きな苦しみに会うのも、あなたがたが神の慰めと救いを受けるためです。現に神様は、苦しんでいる私たちを慰めてくださいました。それは、あなたがたのためでもあるのです

(2 コリント 1:5 JCB)私たちがキリストのために苦しめば苦しむほど、より豊かにキリストから慰めと励ましが与えられることは確かです。

(2 コリント 1:7 JCB)つまり、あなたがたが私たちと同じような苦しい境遇に立たされた時、神の慰めがどれほどやさしさに満ちたものであるかを知ることができるのです。神様は必ず、苦しみに耐え抜く力を与えてくださいます。

1.ペテロは励まされた

-イエスが蘇って、最初にペテロに語った言葉が彼を引き上げた

(マルコ 16:7 新改訳)ですから行って、お弟子たちとペテロに、『イエスは、あなたがたより先にガリラヤへ行かれます。前に言われたとおり、そこでお会いできます。』とそう言いなさい。

2.ペテロはペンテコステの日に周りの人を励ました

(使徒 2:36-39 JCB)ですから、イスラエルのすべての人に、はっきり言っておきます。神様が主とし、キリスト(ギリシャ語で、救い主)とされたイエスを、あなたがたは十字架につけたのです。)(37)ペテロのことばは、人々の心を強く打ちました。「それでは、私たちはどうすればいいのでしょう。」あちらからもこちらからも、使徒たちへの質問の声があがりました。(38)ペテロは答えました。「一人一人、罪の生活から悔い改めて神に立ち返りなさい。そして、罪を赦していただくために、イエス・キリストの名によってバプテスマ(洗礼)を受けなさい。そうすれば、聖霊という賜物をいただけます。(39)それはキリストが約束してくださったことです。あなたがたは言うまでもなく、あなたがたの子孫、また遠くにいても、私たちの神である主がお招きになったすべての人に与えられるのです。」

励ましの聖書箇所は励ます

(ローマ 15:4 ALIVE訳)いままで聖書に記されたことは、すべて私たちを教えるために書かれたのであって、それは聖書の与える忍耐と励みとによって将来に希望を抱かせるためのものだ。

教会は励ます

(1 テモテ 4:13 ALIVE訳)私がそっちに行くまで、教会で聖書を読みあげ、その内容を教え、鼓舞するのだ。