人生の中の嵐 – あなたは何をしようとしているの?

(マタイ 14:22-33 JCB)このあとすぐ、イエスは弟子たちを舟に乗り込ませて向こう岸に向かわせ、また、群衆を解散させられました。(23)みんなを帰したあと、ただお一人になったイエスは、祈るために丘に登って行かれました。(24)一方、湖上は夕闇に包まれ、弟子たちは強い向かい風と大波に悩まされていました。(25)朝の四時ごろ、イエスが水の上を歩いて弟子たちのところに行かれると、(26)弟子たちは悲鳴をあげました。てっきり幽霊だと思ったのです。(27)しかし、すぐにイエスが、「わたしです。こわがらなくてよいのです」と声をおかけになったので、彼らはほっと胸をなでおろしました。(28)その時、ペテロが叫びました。「先生。もしほんとうにあなただったら、私に、水の上を歩いてここまで来いとおっしゃってください。」(29)「いいでしょう。来なさい。」言われるままに、ペテロは舟べりをまたいで、水の上を歩き始めました。(30)ところが高波を見てこわくなり、沈みかけたので、大声で、「主よ。助けてください」と叫びました。(31)イエスはすぐに手を差し出してペテロを助け、「ああ、信仰の薄い人よ。なぜわたしを疑うのです」と言われました。(32)二人が舟に乗り込むと、すぐに風はやみました。(33)舟の中にいた者たちはみな、「あなたはほんとうに神の子です」と告白しました。

先に送られた – 次のシーズン

人生の嵐:一緒だけど問題の中にある

(27節) イエスの3つの言葉

1.勇敢になれ

(マタイ 9:22 JCB)イエスはふり向き、女に声をかけました。「さあ、勇気を出しなさい。あなたの信仰があなたを治したのです。」この瞬間から、女はすっかりよくなりました。

2.あなたと共にいる

(マタイ 28:18-20 ALIVE訳)そして使徒たちの元へ来たイエスは――「俺の手に天地すべての権限がゆだねられた!!! (19)だから行け!全世界のあるゆる人を俺の弟子とし、父と子と神の霊の名によって洗礼を授け、(20)おまえたちに命じたいっさいのことに従うよう指導しろ!!!忘れるな、俺は世の終わりまでおまえたちと共にいるのだ!!!」

3.心配しないで

(2 テモテ 1:7 ALIVE訳)なぜなら、神が与えてくれた神の魂は、恐れをはねのけ、知恵と力とをみなぎらせ、人を愛し、喜んで人と共に歩ませてくれる。

恐れの霊を持たない

ペテロは未知の体験をした

(マタイ 14:28-31 JCB)その時、ペテロが叫びました。「先生。もしほんとうにあなただったら、私に、水の上を歩いてここまで来いとおっしゃってください。」(29)「いいでしょう。来なさい。」言われるままに、ペテロは舟べりをまたいで、水の上を歩き始めました。(30)ところが高波を見てこわくなり、沈みかけたので、大声で、「主よ。助けてください」と叫びました。(31)イエスはすぐに手を差し出してペテロを助け、「ああ、信仰の薄い人よ。なぜわたしを疑うのです」と言われました。

嵐の反対側にいた

(マタイ 14:32-33 JCB)二人が舟に乗り込むと、すぐに風はやみました。(33)舟の中にいた者たちはみな、「あなたはほんとうに神の子です」と告白しました。