一瞬の時をイエスと

一瞬の時をイエスと

使徒の働き‬ ‭4:13‬ ‭JCB‬‬
「あまりにも大胆なペテロとヨハネのことばに、議員たちは驚き、たじたじとなりました。二人は明らかに、教育も受けていなければ、宗教の専門家でもないのです。とうとう、イエスといっしょにいたからそうなったのだ、と認めないわけにはいかなくなりました。」

イエスは普通を特別にする

‭‭詩篇‬ ‭30:5‬ ‭JCB‬‬
「主の怒りはつかの間ですが、 その恵みは生きる限り続きます。 たとえ、夜通し泣き明かすことがあっても、 朝には喜びが訪れます。」

1ペテロ 3:10(ALIVE訳)
聖書にこうある。良い日に恵まれ、人生を謳歌したいなら、とげや嘘を口からこぼさないように。

神様の霊は恐れを取り除く

詩篇‬ ‭16:11‬ ‭JCB‬‬
「神は生きる喜びを教え、 永遠に共にいてくださるという 無上の喜びを経験させてくださいます。」

1ヨハネ 4:18(ALIVE訳)
神の愛が完全であるが故、その愛あるところに恐れなし。人が恐れを抱くのは、神に罰せられるかと、不安をいだいているからだ。神の完全な愛は、そんな恐れをぬぐい去る。恐れている人は、神の愛を理解できていない。

あなたの一瞬の時をイエスと期待する

使徒 2:1-4(ALIVE訳)
(1)五旬祭の日——【五旬祭は過越祭から50日目という意味。もともとは収穫を神に感謝して祝う祭だったが、ある時を境に預言者モーセが、神より十戒を授与された日としてお祝いする祭となった】イエスに従う大勢の人たちが、ひとつの場所に集っていた。
(2)そんな時——・・・グォォォオッッ!!・・・ゴトゴトゴト・・・ガタガタガタ!!・・・地面が割れんばかりの激しい風のような音が、天から鳴り始めるではないか!その音は、家中へ響き渡った。
(3)ぶぉ!ぶぉ!ぶぉ・・・(な、なんなんだ!)舌の形をした炎が現れたかと思うと、各々の頭上に留まった!
(4)——ぶぉぉぉぉぉぉん——ははは——!!!そこにいた誰もが神の霊に満たされた!そして、今まで学んだこともない外国語を、満たされた神の霊の導くままに話し始めたのだ!

へブル 12:28(ALIVE訳)
だから私たちは感謝しなければならない。全く動じない神の王国にしてくれたからだ。そして感謝しているからこそ、神が喜ぶ称賛をささげるべきだ。尊敬と厳粛な思いを込めて。