耕そう!そして収穫のために準備しよう

メッセージノート

箴言16:1-3
人は心に計画を持つ。主はその舌に答えを下さる。人は自分の行いがことごとく純粋だと思う。しかし主は人のたましいの値うちをはかられる。あなたのしようとすることを主にゆだねよ。そうすれば、あなたの計画はゆるがない。

マタイ13:4-8 リビング訳
まいているうちに、ある種が道ばたに落ちました。すると、鳥が来て、食べてしまいました。(5)また、土の浅い石地に落ちた種もありました。それはすぐに芽を出したのですが、(6)土が浅すぎて、十分根を張ることができません。やがて日が照りつけると枯れてしまいました。(7)ほかに、いばらの中に落ちた種もありましたが、いばらが茂って、結局、生長できませんでした。(8)しかし、中には、耕された良い地に落ちた種もありました。そして、まいた種の三十倍、六十倍、いや百倍もの実を結びました。

1. 心にある要らないものを捨てる。

ヘブル12:1
こういうわけで、このように多くの証人たちが、雲のように私たちを取り巻いているのですから、私たちも、いっさいの重荷とまつわりつく罪とを捨てて、私たちの前に置かれている競走を忍耐をもって走り続けようではありませんか。

2. 心を期待と信仰で一杯にする

使徒7:3-5 リビング訳
そして、故郷を離れ、親族とも別れて、神様が命じる国へ行くように、とおっしゃいました。(4)そこでアブラハムはカルデヤ人の地を離れ、シリヤのカランに移り、父親が死ぬまでそこに住みました。そのあと神様は、彼をこのイスラエルに連れて来られたのです。(5)ところがそこには、彼の土地はたったの一坪もなく、その上、子供もありませんでした。にもかかわらず、神様は、やがてこの地が全部、アブラハムとその子孫のものになる、と約束されたのです。

3. どんな時も喜びと感謝を選んでいく

使徒2:46-47 リビング訳
毎日、神殿できちんと礼拝をし、聖餐の時は、小人数に分かれてめいめいの家に集まり、(47)心から喜びと感謝にあふれて、食べ物を分け合いました。心から神を賛美する彼らに、町中の人は少なからず好感をいだき、神もまた、救われる者を毎日、仲間に加えてくださいました。

ザアカイ – 4つの優先順位

メッセージノート

(ルカ 19:1-10 JCB)それからイエスはエリコに入り、町をお通りになりました。この町には、ローマに収める税金を取り立てる仕事をしているザアカイという男がいました。取税人の中でもとりわけ権力をふるっていた大金持ちでした。(3)このザアカイも、ひと目イエスを見ようと思いましたが、背が低かったので、いくら背伸びをしても、人垣のうしろからは何も見えません。(4)そこで、ずっと先のほうに走って行き、道ばたにあったいちじく桑の木によじ登って、見下ろしていました。(5)やがて、そこへ差しかかったイエスは足を止め、ザアカイを見上げると、「ザアカイ。早く降りてきなさい。今晩はあなたの家に泊めてもらうつもりでいますから」と言われました。(6)ザアカイはびっくりして、急いで降りると、大喜びでイエスを家に迎えました。(7)これを見ていた人々の心中は、おだやかではありません。「なにも、あの札つきの悪党の家の客にならなくても……」と言って、つぶやきました。(8)しかし、ザアカイは主の前でこう告白しました。「先生。今からは、財産の半分を貧しい人たちに分けてあげます。税金を取り過ぎた人たちには、四倍にして払い戻します。」(9-10)イエスは言われました。「その告白こそ、今日この家に救いが来たことのあかしです。この人も迷い出たアブラハムの子どもの一人なのだから。メシヤ(救い主)のわたしは、このような人を捜し出して救うために来たのです。」

1. イエス

(ルカ 19:1 JCB) それからイエスはエリコに入り、町をお通りになりました。

2. いのち – ブレークスルー

(ルカ 19:2-6 JCB)この町には、ローマに収める税金を取り立てる仕事をしているザアカイという男がいました。取税人の中でもとりわけ権力をふるっていた大金持ちでした。(3)このザアカイも、ひと目イエスを見ようと思いましたが、背が低かったので、いくら背伸びをしても、人垣のうしろからは何も見えません。(4)そこで、ずっと先のほうに走って行き、道ばたにあったいちじく桑の木によじ登って、見下ろしていました。(5)やがて、そこへ差しかかったイエスは足を止め、ザアカイを見上げると、「ザアカイ。早く降りてきなさい。今晩はあなたの家に泊めてもらうつもりでいますから」と言われました。(6)ザアカイはびっくりして、急いで降りると、大喜びでイエスを家に迎えました。

(1 テサロニケ 5:16 JCB)いつも喜びにあふれていなさい。

3. 神様を敬う

(ルカ 19:7-8 JCB) これを見ていた人々の心中は、おだやかではありません。「なにも、あの札つきの悪党の家の客にならなくても……」と言って、つぶやきました。(8)しかし、ザアカイは主の前でこう告白しました。「先生。今からは、財産の半分を貧しい人たちに分けてあげます。税金を取り過ぎた人たちには、四倍にして払い戻します。」

(1 テサロニケ 5:17-18 JCB)いつも祈りに励みなさい。18どんなことにも感謝しなさい。これこそ、キリスト・イエスにあって、神があなたがたに望んでおられることです。

4. 情熱を持って生きる

(ルカ 19:9-10 JCB)イエスは言われました。「その告白こそ、今日この家に救いが来たことのあかしです。この人も迷い出たアブラハムの子どもの一人なのだから。メシヤ(救い主)のわたしは、このような人を捜し出して救うために来たのです。」

(ピリピ 3:14 新改訳)キリスト・イエスにおいて上に召してくださる神の栄冠を得るために、目標を目ざして一心に走っているのです。

詩篇77 – “上手く思い出す“旅

メッセージノート

詩篇77

思い起こすと3回言っている

旅路を伝えている

神様が見ているように見る新しい見方

1. タフな時

(詩篇 77:1-3 JCB)私は神に向かい声をあげて、叫ぶ。私が神に向かって声をあげると、神は聞かれる。(2)苦難の日に、私は主を尋ね求め、夜には、たゆむことなく手を差し伸ばしたが、私のたましいは慰めを拒んだ。(3)私は神を思い起こして嘆き、思いを潜めて、私の霊は衰え果てる。セラ

エリヤ。これ以上最悪になることある?

(1 列王記 19:9-13 JCB)そこにあるほら穴に入りました。すると、彼に主のことばがありました。「エリヤ、ここで何をしているのか。」(10)「私は、天地の支配者である神、主のために一生懸命に働いてきました。ところが、イスラエルの民はあなたと交わした契約を破って祭壇を壊し、あなたの預言者たちを殺しました。彼らは今、一人生き残った私まで殺そうとしています。」(11)すると、「外に出て、山の上でわたしの前に立ちなさい」と主のことばがありました。と、その時、主が通り過ぎ、激しい風が山を直撃し、岩が砕け落ちました。しかし、風の中に主はいませんでした。風のあとに地震が起こりましたが、そこにも主はいませんでした。(12)地震のあとに火が燃えましたが、火の中にも主はいませんでした。火のあとに、ささやくような細い声が聞こえてきました。(13)エリヤはそれを聞くと、顔を外套で覆い、ほら穴の入口に立ちました。すると、「エリヤ、なぜ、ここにいるのか」という声がありました。

タフな状況は長続きしない、タフな人はずっと続く

2. タフな時の対応の仕方=タフな時の歌

(詩篇 77:3-9)私は神を思い起こして嘆き、思いを潜めて、私の霊は衰え果てる。セラ(4)あなたは、私のまぶたを閉じさせない。私の心は乱れて、もの言うこともできない。(5)私は、昔の日々、遠い昔の年々を思い返した。(6)夜には私の歌を思い起こし、自分の心と語り合い、私のたましいは問いかける。(7)「主は、いつまでも拒まれるのだろうか。もう決して愛してくださらないのだろうか。(8)主の恵みは、永久に絶たれたのだろうか。約束は、代々に至るまで、果たされないのだろうか。(9)神は、いつくしみを忘れたのだろうか。もしや、怒ってあわれみを閉じてしまわれたのだろうか。」セラ

パウロとシラス

(使徒 16:25 新改訳) 真夜中ごろ、パウロとシラスが神に祈りつつ賛美の歌を歌っていると、ほかの囚人たちも聞き入っていた。

3. 素晴らしくてパワフルな神様への信仰の応答

(詩篇 77:10-15 新改訳)そのとき私は言った。「私の弱いのはいと高き方の右の手が変わったことによる。」(11)私は、主のみわざを思い起こそう。まことに、昔からのあなたの奇しいわざを思い起こそう。(12)私は、あなたのなさったすべてのことに思いを巡らし、あなたのみわざを、静かに考えよう。(13)神よ。あなたの道は聖です。神のように大いなる神が、ほかにありましょうか。(14)あなたは奇しいわざを行なわれる神、国々の民の中に御力を現わされる方です。 (15)あなたは御腕をもって、ご自分の民、ヤコブとヨセフの子らを贖われました。セラ

(詩篇 31:15 新改訳)私の時は、御手の中にあります。私を敵の手から、また追い迫る者の手から、救い出してください。

(詩篇 31:15 JCB) 私の時はあなたの手の中にあります。情け容赦なく追い立てる者の手からお助けください。

4. 全ての旅路の中で – 信仰の告白 – 主は私の羊飼い

(詩篇 77:16-20 新改訳)神よ。水はあなたを見たのです。水はあなたを見て、わななきました。わたつみもまた、震え上がりました。(17)雲は水を注ぎ出し、雷雲は雷をとどろかし、あなたの矢もまた、ひらめき飛びました。(18)あなたの雷の声は、いくさ車のように鳴り、いなずまは世界を照らし、地は震え、揺れ動きました。(19)あなたの道は海の中にあり、あなたの小道は大水の中にありました。それで、あなたの足跡を見た者はありません。(20)あなたは、ご自分の民を、モーセとアロンの手によって、羊の群れのように導かれました。

主は私の羊飼い

(詩篇 23:1 新改訳)主は私の羊飼い。私は、乏しいことがありません。

クリスマスの三つのメッセージ

メッセージノート

ルカ2:8-10 リビング訳
8その夜、町はずれの野原では、羊飼いが数人、羊の番をしていました。9そこへ突然、御使いが現われ、主の栄光がさっとあたり一面を照らしたのです。これを見た羊飼いたちは恐ろしさのあまり震え上がりました。10御使いが言いました。「こわがることはありません。これまで聞いたこともない、すばらしい出来事を知らせてあげましょう。すべての人への、うれしい知らせです。

1. 「神様があなたと側にいる」というメッセージ

マタイ1:23リビング訳
『見よ。処女がみごもって、男の子を産む。その子はインマヌエル〔神が私たちと共におられる〕と呼ばれる。』

2. 「あなたはめっちゃ愛されてて価値がある!」っていうメッセージ

ヨハネ3:16-17 リビング訳
16実に神は、ひとり子をさえ惜しまず与えるほどに、世を愛してくださいました。それは、神の御子を信じる者が、だれ一人滅びず、永遠のいのちを得るためです。17神がご自分の御子を世にお遣わしになったのは、世に有罪判決を下すためではありません。救うためです。

3. 「イエスはあなたの内側に喜びをくれる」というメッセージ

ルカ2:15 リビング訳
御使いの大軍が天に帰ると、羊飼いたちは、「さあ、ベツレヘムへ行こうぜ。主が知らせてくださった、すばらしい出来事を見てこようじゃないか!」と言い合いました。

インマヌエル – 私たちと共にいる神

メッセージノート

(イザヤ 7:14 JCB)それならそれでいいでしょう。しるしは主が決めます。見ていなさい。処女が男の子を産みます。彼女は生まれた子にインマヌエル(「神が私たちとともにいる」の意)という名前をつけます。

(マタイ 1:21-23 ALIVE訳)男の子が生まれるから、イエスと名付けるんだ。彼は人類を過ちから救い出す!!!――」夢に現れたのは、天使であった!(22)これらすべては、主君が預言者を通して伝えたことばが成就じょうじゅするためだった――(23)処女が身ごもり、男児を生む。人はその子を神が共にいる(インマヌエル)と呼ぶ――【聖書:イザヤ書7:14より引用】

– 印があった

– 処女が身ごもる

– インマヌエル=「共に+私たち+神」

私たちと共にいる神

1. アブラハムはバビロンから神様の声を聞いた

(創世記 12:1-3 新改訳)その後、主はアブラムに仰せられた。「あなたは、あなたの生まれ故郷、あなたの父の家を出て、わたしが示す地へ行きなさい。(2)そうすれば、わたしはあなたを大いなる国民とし、あなたを祝福し、あなたの名を大いなるものとしよう。あなたの名は祝福となる。(3)あなたを祝福する者をわたしは祝福し、あなたをのろう者をわたしはのろう。地上のすべての民族は、あなたによって祝福される。」

2. 少年サムエルは神様の声を聞いた

(1 サムエル 3:4-9 JCB) (4-5)すると主が、「サムエル、サムエル」と呼びました。サムエルは、「はい。ここにいます」と答えて、「どうしたのだろう」と思って飛び起きると、エリのもとへ走って行き、「サムエルです。何かご用ですか」と尋ねました。エリはけげんな顔で、「呼んだりしていないよ。さあ、戻ってお休み」と答えました。そのとおりにすると、(6)主がまたも、「サムエル」と呼んだのです。サムエルはまた飛び起きて、エリのもとへ駆けつけました。「はい。何かご用でしょうか。」「いいや、呼んだりしていないよ。いいから、帰ってお休み。」(7)サムエルはまだ、主からおことばを頂いたことがなかったのです。(8)ですから三度目に呼ばれた時も、またエリのもとへ駆けつけました。「はい。ご用でしょうか。」この時エリは、主が少年に語ったのだということを悟りました。(9)そこで、彼はサムエルに言い聞かせました。「さあ、もう一度帰ってお休み。今度呼ばれたら、『はい、主よ。しもべは聞いております』と申し上げるのだよ。」サムエルは寝床に引き返しました。

3. エリヤは神様の囁きを聞いた

(1 列王記 19:11-13 JCB)すると、「外に出て、山の上でわたしの前に立ちなさい」と主のことばがありました。と、その時、主が通り過ぎ、激しい風が山を直撃し、岩が砕け落ちました。しかし、風の中に主はいませんでした。風のあとに地震が起こりましたが、そこにも主はいませんでした。
(12)地震のあとに火が燃えましたが、火の中にも主はいませんでした。火のあとに、ささやくような細い声が聞こえてきました。(13)エリヤはそれを聞くと、顔を外套で覆い、ほら穴の入口に立ちました。すると、「エリヤ、なぜ、ここにいるのか」という声がありました。

4.エゼキエルは神様の声を聞いた

(エゼキエル 36:26-27 新改訳)あなたがたに新しい心を与え、あなたがたのうちに新しい霊を授ける。わたしはあなたがたのからだから石の心を取り除き、あなたがたに肉の心を与える。(27)わたしの霊をあなたがたのうちに授け、わたしのおきてに従って歩ませ、わたしの定めを守り行なわせる。

5. イエスはこのメッセージをシェアしてほしいと思ってる

(マタイ 10:6-8 ALIVE訳)神の民のところへ行くのだ!彼らは、神のおりから出た迷える羊。(7)彼らに、神の王国軍が来たと伝えるんだ!(8)病を治し、死者を生き返らせろ!皮膚病を治し、悪魔を追い払え。無償でやった力だ。無償で助けろ!

みんなのためのクリスマス・メッセージ – イエスが生まれ – 共にいる神

(ルカ 2:10 JCB)天使は言いました。「こわがることはありません。これまで聞いたこともない、すばらしい出来事を知らせてあげましょう。すべての人への喜びの知らせです。

クリスマス – 光よ、輝き出よ

メッセージノート

‭‭創世記‬ ‭1:2-5‬ ‭JCB‬‬
「地は形も定まらず、闇に包まれた水の上を、さらに神の霊が覆っていました。 「光よ、輝き出よ。」神が言われると、光がさっとさしてきました。 それを見て、神は大いに満足し、光と闇とを区別しました。しばらくの間、光は輝き続け、やがて、もう一度闇に覆われました。神は光を「昼」、闇を「夜」と名づけました。こうして昼と夜ができて、一日目が終わりました。」

‭‭ヨハネの福音書‬ ‭1:1-5‬ ‭JCB‬‬
「まだこの世界に何もない時から、キリストは神と共におられました。キリストは、いつの時代にも生きておられます。キリストは神だからです。
このキリストが、すべてのものをお造りになりました。そうでないものは一つもありません。 キリストには永遠のいのちがあります。全人類に光を与えるいのちです。 そのいのちは暗闇の中でさんぜんと輝いていて、どんな暗闇もこの光を消すことはできません。」

‭‭マタイの福音書‬ ‭2:9-11‬ ‭JCB‬‬
「彼らがさっそく出発すると、なんと、あの星がまた現れて、彼らをベツレヘムに導き、とある家の上にとどまりました。 それを見た彼らは、躍り上がって喜びました。 その家に入ると、幼子と母マリヤがいました。彼らはひれ伏して、その幼子を拝みました。そして宝の箱を開け、黄金と乳香(香料の一種)と没薬(天然ゴムの樹脂で、古代の貴重な防腐剤)を贈り物としてささげました。」

‭‭ヨハネの福音書‬ ‭8:12‬ ‭JCB‬‬
「そのあとで、イエスは人々にお話しになりました。「わたしは世の光です。わたしに従って来れば、暗闇でつまずくことはありません。いのちの光が、あなたがたの進む道を明るく照らすからです。」」

私達の最高なお父さん

メッセージノート

イザヤ書‬ ‭9:6‬ ‭JCB‬‬
「一人の男の子が私たちのために生まれます。 その肩にすべての主権が与えられ、 その子は、「すばらしい助言者」「全能の神」 「永遠の父」「平和の君」と呼ばれます。」

ヤコブの手紙‬ ‭1:17-18‬ ‭JCB‬‬
「すべての良いもの、完全なものは、光を造られた神から来るのです。神にはわずかの変化もくもりもなく、いつまでも輝いています。 神は御心のままに、真理のことばによって、私たちに新しいいのちを与えてくださいました。こうして私たちは、神の新しい家族の最初の子どもとされたのです。」

神様がくれる良い完璧なギフト

マタイ 7:11(ALIVE訳)
自己中なあなたたちだって、子どもには良いものをあげるだろうよ!ならなおさら、天の父が、求める者に良いものを与えないなんてことがあるか!!!」

2コリント 9:14(ALIVE訳)
また、みんなを通して神のすばらしい恵みを知り、熱心に真心から、みんなのために祈るようになるだろう。

神様は永遠の父

へブル 13:7-9(ALIVE訳)
最高な知らせを教えてくれた指導者たちのことを、思い出せ。その生活からにじみ出た、すべての良いものに心をとめろ。そして、彼らを見ならって神様を信頼するのだ。イエス・救世主は、昨日も今日も、いつの日までも変わることがない。だから、様々な珍しい教えに心を奪われてはならない。
あなたがたの霊的な力は、神からの贈り物であって、ある特定の物を食べる、儀式上の規則によって得られるものではない。そんな規則は、たとい厳守しても誰の力にもならない。

‭‭箴言 知恵の泉‬ ‭3:11-12‬ ‭JCB‬‬
「主に懲らしめられても、腹を立ててはいけません。 あなたを愛していればこそ、そうするのです。 父親がかわいい子どもの将来を思って 罰するのと同じです。」

私達は神様にとって大切な存在

‭‭詩篇‬ ‭17:7-8‬ ‭JCB‬‬
「ああ、敵から助け出されたいと願う者すべてにとって 救い主である方よ。 その大いなる愛を、目をみはるほどに見せてください。 私をご自身のひとみを守るように守り、 御翼の陰にかくまってください。」

ゼカリヤ書‬ ‭9:16-17‬ ‭JCB‬‬
「その日、彼らの神である主は、 羊飼いが羊の世話をするようにご自分の民を救います。 彼らは、王冠にきらめく宝石のように、 神の地で光り輝くのです。 すべてはなんとすばらしく、美しいことでしょう。 あり余る穀物とぶどう酒が、 青年たちをはつらつとさせます。 彼らは健康と幸福に満ちあふれるのです。」

ローマ 5:8(ALIVE訳)
しかし、神の偉大な愛は違った。
私たちがまだ、自己中だったとき、つまり神の敵だったときに、救世主は私たちのために死んでくれたのだ。

恵みで十分!

メッセージノート

2コリント12:9 新改訳
しかし、主は、「わたしの恵みは、あなたに十分である。というのは、わたしの力は、弱さのうちに完全に現れるからである」と言われたのです。ですから、私は、キリストの力が私をおおうために、むしろ大いに喜んで私の弱さを誇りましょう。

ガラテヤ1:6 新改訳
私は、キリストの恵みをもってあなたがたを召してくださったその方を、あなたがたがそんなにも急に見捨てて、ほかの福音に移って行くのに驚いています。

1) 恵み以外では変われない

ガラテヤ5:22-23 リビング訳
しかし、聖霊様が生活を支配してくださる時、私たちのうちに、次のような実を結んでくださいます。それは、愛、喜び、平安、忍耐、親切、善意、誠実、23柔和、自制です。そこには、ユダヤ教のおきてに反するものは何もありません。

1コリント15:10 リビング訳
10しかし、今の私があるのは、ただひとえに、あふれるほどに注がれた神様の恵みと、あわれみとのおかげです。この恵みとあわれみは、むだではありませんでした。なぜなら、私はほかのどの使徒たちよりも、よく働いてきたからです。とはいえ、実際に働いたのは私ではありません。神様が私の内部で働き、祝福してくださったのです。

2) 恵みは最強!

エペソ1: 20-22 リビング訳
この同じ絶大な力が、キリスト様を死人の中から復活させ、ほかのどんな王、支配者、権力者、指導者よりもはるかに高い、天の神様の右の座につかせたのです。実に、このキリスト様の栄誉は、この世だけでなく、次に来る世でも、他のすべてに、はるかにまさって輝かしいものです。22そして神様は、すべてをキリスト様の足の下に従わせ、キリスト様を教会の最高の頭とされました。

3) さあ恵みで強くなろう

2テモテ2:1 新改訳
そこで、わが子よ。キリスト・イエスにある恵みによって強くなりなさい。

ガラテヤ6: 2 リビング訳
相手の悩みを共に背負い、そのようにして、キリスト様の命令に従いなさい。

何をするにも – 感謝する

メッセージノート

‭詩篇‬ ‭107:1‬ ‭JCB‬‬
「主に感謝しなさい。 主は恵み深く、愛と思いやりにあふれたお方なのです。」

1コリント 3:15-17(ALIVE訳)
15しかし、自分が手掛けた部分が焼けてしまった人は、大損害をこうむる。ただその人自身は、炎の中をくぐり抜けるように、命からがら救われる。
16みなさんは、自分たちがお互いに神の神殿であり、神の霊が、その中に住んでいることが、わからないのか。
17もし、神の家を壊したりする人がいれば、神はその人を滅ぼす。
なぜなら、神の家は聖なるものだからだ。みなさん自身が、その神の神殿なのだ。

感謝する心は平安へ導く

ピリピ 4:6(ALIVE訳)
何事も心配するな。心配を祈りに変えるんだ。すでに持っているものに感謝したうえで神に願うのだ!

感謝の心を持ち始めると、それらが口からこぼれる

ルカ 6:45(ALIVE訳)
つまりだ。良い人が良いことばかり口にすんのは、心が良いことでいっぱいだからだ!逆に自己中な人が自己中なことを口にすんのは、心が自己中な願望でいっぱいだからだ。いいか、心に秘めたことが人の口からこぼれる」

何をするにも – 感謝する!

エペソ 2:8(ALIVE訳)
あなたがたは、イエスを心底信じ、与えられた神の恵みのおかげで救われたのだ。そう、自分で自分を救ったのではなく、神の贈り物を受けとってだ。

ヨハネ 3:16(ALIVE訳)
実に神は、一人子をさえ惜しまず与えるほどに、世の人間を愛してくれた。
つまり、神の一人子を信じる者が、だれ一人滅びず、永遠の命を得るためだ!!!

私と私の家

メッセージノート

ヨシュア記‬ ‭24:14-15‬ ‭JCB‬‬
「まさに、おことばのとおりだ。だから主を恐れかしこみ、誠心誠意、お仕えしようではないか。ユーフラテス川の向こうやエジプトで、先祖が拝んでいたような偶像とはきっぱり縁を切りなさい。ただ主に仕え、主を礼拝しなさい。 もし主に従いたくなければ、たった今、だれに従うかを決めなさい。ユーフラテス川の向こうで先祖が拝んでいた神々であろうが、この地に住むエモリ人の神々であろうが、好きに選ぶがいい。しかし、私と私の家族とは、あくまでも主に仕える。」」

神様をナンバー1にし続ける

マタイの福音書‬ ‭6:33‬ ‭JCB
「神を第一とし、神が望まれるとおりの生活をしなさい。そうすれば、必要なものは、神が与えてくださいます。」
‭‭‬

次世代は将来に

‭‭詩篇‬ ‭45:16‬ ‭JCB
「あなたから生まれる子どもは、 いつか父の跡を継いで王となり、世界を支配します。」

全ての祝福に感謝する

‭‭詩篇‬ ‭127:3-4‬ ‭JCB‬‬
「子どもたちは主からの贈り物であり、報いです。 若いうちに生まれた子どもは、 身を守る鋭い矢のようです。」

‭‭ピリピ人への手紙‬ ‭4:8‬ ‭JCB
「さて皆さん。筆を置く前に、もう一つ申し上げたいことがあります。真実なこと、良いこと、正しいことに注目しなさい。きよいこと、愛すべきことについて思いめぐらし、他の人の長所に目をとめなさい。神を喜び、賛美することばかりを考えなさい。」
‬‬

どんな家族をあなたは求める?

今、家族の文化を立ち上げる

‭‭箴言 知恵の泉‬ ‭22:6‬ ‭JCB‬‬
「子どもの時に正しい生き方を教えておけば、 年をとってからも変わりません。」

過ごした時間だけいい時間になる

‭‭エペソ人への手紙‬ ‭5:15-16‬ ‭JCB‬‬
「ですから、自分の行動によくよく注意しなさい。今は困難な時代です。愚か者にならないで、賢くなりなさい。あらゆる機会を十分に生かして、正しい行いをしなさい。」

完璧な家族はいない、でも一緒ならもっと良い

‭コロサイ人への手紙‬ ‭3:13‬ ‭JCB‬‬
「互いに耐え、赦し合いなさい。主があなたがたを赦してくださったのですから、あなたがたも、人を赦すべきではありませんか。」